シスコザベーカーリー(CISCO THE BAKEEY)竹尾インター店のパン食べ放題行ってきた【東区はなみずき3】

2018-09-01

シスコ ザ ベーカリー竹尾インター店で8月の平日限定パンの90分食べ放題890円をやっていた

シスコザベーカリー竹尾インター店の外観をTSUTAYA側から斜めに撮った画像

2018年8月もまもなく終わるという某日、ちょっと探している本があり通りがかったTSUTAYAに寄ってみた。

その蔦屋竹尾インター店。名前の通り竹尾インター付近。住所は東区はなみずき。

TSUTAYAに入ってすぐの場所にするとこんな立て看板が。
蔦屋竹尾インター店に入ってすぐのシスコザベーカリー竹尾インター店の食べ放題の立て看板

え・・・、ビュッフェですって!?

ビュッフェって、食べ放題のことですよね?どれだけ食べようが値段は同じという、あれのことですよね!?

パンの食べ放題初めて見たよ。

しかもCISCO THE BAKERYって、米山にある、少々お高いパン屋さんのことでは?その2店目ができたとは聞いていたけど。

これは気になる、オシャレで高価なパンが890円で何個でも食べられる!シスコザベーカリーは米山店が出来てすぐ見にいったけど、ちょっと手が出しづらくて1個も買わずにでて来たんだ(汗)。

しかも8月平日限定って、しかももう終わる頃に気づくなんて。もう時間がない。そして明日の私の予定は・・・なんとガラ空き!

これはチャンスだ、神が、ブッダが、お釈迦様が、もう誰でもいいけど不思議な力が私に行けと言っているに違いない!

よく見ると下の方に、「食パン・バケット・ラスクは除きます」と。全く問題ない。むしろその方がありがたい。せっかくの食べ放題に食パンやフランスパンみたいなデカいの食べたくない。それだけでお腹いっぱいになってしまう。

 

ワンドリンク・ミニサラダ付きで、パン1個250円としても、パンを2、3個食べたらもう元が取れるくらいだ。きっと私なら8個くらいは食べられる。夕飯の分まで食べてしまおう。

ということで、一人では行きづらいので翌日お連れさんに付き合ってもらい内偵に行ってきましたよ。

しかし、こういう名前のお店はカタカナで書くか、アルファベットで書くべきか迷う・・・。

 

CISCO THE BAKERY蔦屋竹尾インター店の場所

場所は東区はなみずき、蔦屋竹尾インター店内。赤道から木戸病院方向に進んで東総合スポーツセンターに着くより手前をバイパス側に入ったところ。

右奥に少し見える黒い看板がCISCO THE BAKERY。

シスコザベーカリー竹尾インター店は蔦屋竹尾インター店内に

 

メニュー

まずはドリンクを選びます。

CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のドリンクメニュー

上の3つは+50円。

私はカフェラテ、お連れはアイスティー。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のカフェラテとアイスティー

メニューにあるのに「アイスティーは出来ますか?」と店員さんに尋ねる相方。さすがだ(笑)。なぜ聞く必要があるのかわからない。

飲み物を決めると、店員さんがお席を決めてそこへ案内される。各席には番号札が立っていた。きっと時間管理の都合上なのだろう。

最初にこういうのを渡されました。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のビュッフェで渡されるお皿やナイフ

おしぼり、プラのナイフとフォーク。飲み物はあとから持ってきて頂けました。

サラダや私はポテトサラダだと思ったんですが、お連れさんはポテトも入ってるけどコールスローじゃないかと言ってました。

そして何時までか書かれた紙も渡されます。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のビュッフェの時間制限書かれた紙

 

さて、ビュッフェはどうやるのか戸惑っていたが、すでに食べ放題を楽しんでいる方々がおられるのでそのマネをする。

トングは一人1個キープしてマイトングとして使うらしい。我々もそれにならう。

甘いパンはデザート的に後の方で食べるとして、まずは食事っぽい調理パンから行こう。

早速取って来たのがこちら。

CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のピザとカレーパン

カレーパンは2種あったが、もう1つは福神漬けがのっかってたのでまずは普通っぽいのにしようと思いこちらに。

ピザがデカい。うん、カレーパンは普通。

 

次にアスパラとベーコンのフォカッチャ、だったかな。と、アボカドとベーコンとチーズのベーグルだったかと。

CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のアスパラとベーコンのフォカッチャ、アボカドとベーコンとチーズのベーグル

 

ピスタチオクリームのクロワッサン。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のピスタチオクリームのクロワッサン

 

海老とそら豆のフォカッチャ。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店の海老とそら豆のフォカッチャ

 

ルビーデニッシュ。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のルビーデニッシュ

 

ちょっと忘れました(汗)。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のクリームパン

スモークサーモンとアボカドとクリームチーズが入ったクロワッサンサンド。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のスモークサーモンとアボカドとクリームチーズが入ったクロワッサンサンド

 

名前を忘れたけどその他に食べたパンたち。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店の他のパンたち

 

ぎょうざみたいな名前のパンだったんですが、激辛でした(汗)。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店の激からのパン

中はこんな感じ。

CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店の激からのパンの中

激辛と書いてあるのを気づかずに食べてしまって(汗)。

最初の方に食べたのですが、お冷をいっぱい飲みまして。多分このせいで食べられる量が1、2個へったと思われます。

全部で2人で13個くらい食べました。

終わってから気づいたけど、こちらは新商品だそう。
CISCO THE BAKERY蔦屋竹尾インター店の新商品フォカッチャ

 

CISCO THE BAKERY蔦屋竹尾インター店のリサーチ

その他、得られた情報をご紹介します。

駐車場

蔦屋竹尾インター店の駐車場

蔦屋の駐車場。数十台あるので停められない事はまずなさげ。問題はないでしょう。

 

トイレ

トイレは蔦屋のトイレになります。蔦屋入り口から入って右奥の所。

ちゃんと男女別。多目的トレイもあります。
蔦屋竹尾インター店のトイレ入り口

男性トイレ。
蔦屋竹尾インター店の男性トイレ小用

蔦屋竹尾インター店男性トイレ大用

多目的トイレ。
蔦屋竹尾インター店の多目的トイレ

蔦屋竹尾インター店の多目的トイレの手洗い場

コンビニでよく見る貼り紙よりちょっと文言が進化してます。
蔦屋竹尾インター店のトイレの貼り紙

 

店内の様子(の他の写真たち)

TSUTAYAの店内からお店方向を見た図。
CISCO THE BAKERY蔦屋竹尾インター店のお店をTSUTAYA側から眺めた図

外側の丸テーブル席。カフェとかだとテラス席といった感じだろうけど、ここはTSUTAYAの店内。本売り場と距離が近い(汗)。

CISCO THE BAKERY蔦屋竹尾インター店の外側丸テーブル席

 

食べ放題を先会計し、もらうセット。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のビュッフェで最初に渡されるトレイや食器と、机上の番号

レジ周り。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のレジ周り

 

レジのすぐそばにあるお水やトースターがある所。他にも紙ナプキンなど。
CISCO THE BAKEEY蔦屋竹尾インター店のレジ付近の水やトースターが置かれている所。少し見える座席は背もたれが頭の高さまである

座席の背もたれは頭の高さまであります。

 

CISCO THE BAKERY蔦屋竹尾インター店の店舗情報

営業時間:平日10:00~19:00、土日祝9:00~19:00

定休日:無し

住所:新潟市東区はなみずき3-3-1

TEL:025-384-0780

公式HP:シスコザベーカリー

 

個人的な感想

人生で一番多くパンを食べた日でした!

意外と、思っていたより多く食べられないもんですね(汗)。

 

で、正直な感想ですが、シスコザベーカリーさんのパンは私には相性が合わなかったようです。

パンの生地そのものがもっとシットリ感とかモチモチ感とか、触感による美味しさみたいのがあってもいいんじゃないかなと思いました。

そして、1つ1つのパンの生地部分が大きめに感じました。

まあその人の好みですよね。私はそう感じたというだけ。

 

それと、調理パンが全体的に味が薄めというか、塩っけが足りないような、何か1つ物足りないみたいな。自分に合わない味だからそう思うのかもしれません。

その反面、サンドイッチだけはとてもしょっぱく感じました。スモークサーモンなのか、ピクルスみたいのなのか、このどちらかをしょっぱく感じたんですよね。

 

ちょっと印象に残ったのがクリームパン。

最近クリームパンてどこで食べても似ていて美味しいんだけど、ここのはなんていうか、カスタードの味がとんがってるように感じたのと、パンの触感がちょ~っと特徴的というか。私がイメージするクリームパンの生地ではなかったんです。

ちょっとこのお店のパン全体的に微妙だな~と思っていたところに、このクリームパンを食べたところで、私の中でのこのお店の評価が確定したかもしれない。

 

あと席。結構落ち着かない・・・。

それに隣の席との間隔も狭く、パンを取りに行くのに出ずらいです。もうちょっとだけ間空けて(泣)。この日は一番はしっこだったから良かったけど。

そして、少々お値段はります(汗)。私が知る限り新潟市でもなかなかの価格帯。100円台のパンは少ないです。ほとんどが200円超えで、300円台もありました。食べ放題じゃなきゃ私はちょっと手が出しづらい(汗)。

余談ですが、私個人的に、パンが美味しいと思うお店は、東区太平のブーランジェ・ルクールとか、三条のサンフォーレットです。