新潟市のPUDOステーションで荷物の受け取り初体験してみました

2019-08-25

原信五十嵐東店のPUDOステーションと自動販売機が1台並んでいる

PUDOステーションなんていう物があるんだ?なんて思ってたら、ちょっと通りがかりに色んな場所で目撃。

新潟市にもすでに10か所できたPUDOステーション。だんだんと身近な存在になってきました。

私は最初、ちょっとややこしいと思い込んでたし、自分には関係ないことかな~と思ってました。

でも、これだけ短期間で増えていることからすると、宅配業界全体がセルフ方向にシフトして行きそうな気がします。

数年後には誰もが当たり前のように使うものになってそうな気がします。

ということで、私も実際に使ってみたので、その時の様子を共有させて頂きます。

ネットの通販で買った商品の受け取りを、新潟市西区にある原信五十嵐東店のPUDOステーションでやってみましたので、そのときの様子をお伝えします。

利用したPUDOステーションの場所

今回荷物を取りに来たのはここ、原信五十嵐東店。

原信五十嵐東店の正面外観を斜めから。左の方に原信の看板、右の方にAxialの文字

正面に向かって右側の方に、自動販売機とならんでPUDOステーションがあります。

原信五十嵐東店の正面向かって右の方に自動販売機と並んでPUDOステーションがある

目の前には広い駐車場があり。

原信五十嵐東店の駐車場。奥にはゲオが見える

他のPUDOステーションについてはこちらの記事にまとめています。

受け取り場所をPUDOステーションに変更

PUDOステーションで受け取るためには、

荷物が発送されてヤマト運輸からお届け予定の連絡が来てから、

受け取り場所を変更する作業が必要

です。

その操作方法をご説明します。ご存知の方は飛ばしてください。

ヤマト運輸からのお届け予定メールの内容。何日にお届け予定かが書かれている
ヤマト運輸からの「お届け予定メール」

ヤマト運輸からのお届け予定メールを開き、その中のリンクをクリックすると変更する画面に飛びます。

何も変更しない場合のお届け予定日は7/24となっています。これをPUDOステーションに変更すると日付が遅くなります。詳細は後ほど。

お受け取り場所変更をチェックして次へを押します。

ヤマト運輸の受け取り方法変更の画面

クロネコメンバーズにログインします。

クロネコメンバーズに登録してある必要があります。PUDOステーションを利用するためにはクロネコメンバーズに登録しましょう。ここでは登録済みの前提で話を進めます。

受け取り場所を選択する画面になるので、3番目か4番目のどちらかを選択します。

この2つの違いは、PUDOステーションを住所で検索するか、駅名で検索するかの違いです。

ここでは住所検索を選びます。

地図から「新潟」を選ぶか、

一覧から「新潟県」を選びます

沿線から選んだり、

地図からPUDOステーションを選びます。

「選択」を押して受け取りをするPUDOステーションを決定します。

確定。

受け取り場所をPUDOステーションに変更完了。

ここで注目して欲しいのが、「お受け取り可能日時」です。

変更する前までは7月24日だったのが、7月25になってます。

PUDOステーションに変更すると少し遅くなってしまいます。

受け取り場所を変更すると設定しているメルアドにメールが届きます。

「宅急便受取指定ご依頼受付完了のお知らせ」メールの内容

受け取りの操作方法

では今度は、実際にPUDOステーションで受け取るときのやり方を見ていきましょう。

PUDOステーションの中央辺りに、タッチパネル式の画面があり、すべての操作はここで行います。

PUDOステーションの最初の画面の真っ白バージョン

まだ何も操作していない、何も触れていないの最初の状態の画面です

PUDOステーションの最初の画面の、操作方法2番まで表示された状態

放っておきつつ画面を眺めてると、操作方法が段階を追って1つずつ表示されていきます。

PUDOステーションの最初の画面の操作方法4まで表示された状態

すべて表示された状態。

受け取り操作の流れが表示されます。やり方を忘れても画面を見てれば大丈夫♪

そもそも簡単な操作なので、これだけ見ればだいたいわかります。

操作を始めるには、画面のどこでもいいので触れます。

すると別の画面に変わります。

PUDOステーションの「いらっしゃいませ」の画面。「受け取り」と「発送」の選択肢が出ている

今回は荷物を取りに来たので、画面にある「受け取り」の方を指で押します。

発送もできる!

なんとPUDOステーションを利用して発送することも出来ます。
その場合はこの画面で「発送」の方を押します。
「ヤフネコ!パック」「らくらくメルカリ便」で利用できます。今回は受け取り手順のご紹介だけで、発送手順のご説明は割愛します。

PUDOステーションの認証コード入力画面

キーボードが表示された画面になるので、ここで認証コードを指で押して入力します。

荷物の受け取りには認証コードが必要なのでお忘れなく。

認証コードは、インターネット上から受け取り場所をPUDOステーションに変更し、荷物がPUDOステーションに納品された後に送られてくる「納品完了のお知らせ」というメールに記載されています。

受け取り場所の変更をした時にも「宅急便受取指定ご依頼受付完了のお知らせ」というメールが送られて来るのですが、このメールに書かれている伝票番号はまた別のものです。

このメールは自動送信なので基本的に必ず送信されているハズだそうです。

私はこのメールが見当たらなかったため、ヤマト運輸お客様サービスセンター(0570-200-000 固定電話からは0120-01-9625)に電話L問い合わせして確認しました。

PUDOステーションの利用は、ネット上からの変更を行わないとできないので、このメールは来ているハズなんです。

もし、消してしまったかも、メールが見つからない、という場合はクロネコメンバーズのサイトにログインすれば認証コードが確認できます。

クロネコメンバーズのサイトも登録済みという事になります。受け取り場所をPUDOステーションに変更するのに、クロネコメンバーズのサイトに登録している必要がありますので。

PUDOステーションの指でサインする画面。サインの支持と、大きな長方形のサイン欄がある

サインを求められるのですが、画面に指で直接触れて行います。近代的な感じ。

すると荷物が入っているロッカーが開きます。

PUDOステーションの荷物が入っているロッカーが開いたところ

無事に荷物を受け取りました♪

中に何も残っていないことを一応確認。

扉をパチッと閉めます。

PUDOステーションロッカーの扉を閉めたところ

これですべて完了!

思ったより簡単でしたね♪

ロッカーにも受け取り方法が記載されてありますね。

何だかんだと色んなところにやり方が書いてあり、かなりわかりやすい。

受け取り方法は決して複雑ではないので、初めてでも戸惑うことはなさそうです。

荷物の保管期間

PUDOステーションでの荷物の受け取り期間(保管期間)は納品日を含めて3日間です。

その3日間のうちにロッカーから取り出さないとなりません。油断してるとすぐなのでご注意ください。

僕も最後の日になってギリギリ取り出しました。思っていたより短かったです。

期間を過ぎると、「発送人の指示に従い処分します」となっているので、荷物が処分される可能性があります。

自宅への配送の再配達保管期間は7日間なので、不安な場合はPUDOステーションを指定しない方が無難かもしれませんね。

まとめ

PUDOステーションで荷物を受け取るのは簡単です♪

  1. 画面にタッチ
  2. 「受け取り」を押す
  3. 認証コードを入力
  4. サインをする
  5. 扉が開くので荷物を取り出す
  6. 扉を閉める(中が空であることを確認)

やることはこれだけです。

むしろ、その前段階の設定や受け取り場所変更など、ネットでやる手続きの方がちょっと面倒だったりします。

  • クロネコメンバーズに登録しておく
  • 受取場所をPUDOステーションに変更

PUDOステーションを利用するにはクロネコメンバーズというサービスに登録しておくのが必須です。

そこだけちょっと面倒に感じますが、登録作業は最初だけ。1回やってしまえばもうやる必要はないので、ほんの少しだけ我慢です。

PUDOステーションでの受け取りはとても簡単だし、好きな時間に受け取りができが魅力です。想像より簡単だったのでぜひお試しください。