ほうせい丸で海鮮丼セットと天ぷら茶そばセットを食べて来た【北蒲原郡聖籠町藤寄】

2018-06-30

とある初夏の休日。

今日は少し足を延ばしたい気分だ。だがお金あまりかけられない。

なら、お昼に何か美味しい物を食べにいこう!と相方と話し合う。

海鮮好きの私。実は以前から目を付けていたが近場じゃないので行けていないお店があったのを思い出す。

その名は、ほうせい丸!

相方に提案し、美味しそうじゃんと即意見は合致。

食べログにあったランチメニューの美味しそうな写真が良かった。

ほうせい丸のランチだけを目的に聖籠町へ!

人気店らしいので混まない内にとさっさと出発。

 

ほうせい丸の場所

新新バイパス東港インターを降りてすぐ。本当にすぐ。すぐ過ぎるから通り過ぎご注意を。私は通り過ぎてくるっと回って来ました(笑)

駐車場はお店の前にそれなりの数あるので、満車の心配はそうなさそうです。

 

新潟バイパスを走り、11:30頃到着。いざ店内へ!

が、誰も来てくれず。入り口付近は通路のような形で、勝手に座っていい感じではなさげ。

わたくし、こういう雰囲気のお店で自ら奥に進むほど大胆不敵な性格はしておりませぬ(汗)

お、呼び鈴があるじゃないか。押す、チーン!

気づいてもらえず。お~い(笑)

入店からここまで10秒くらい。

 

そのまま10秒くらい、気づいてもらいたく入り口付近でウロウロ。「すいまんせ~ん」と小声で言ってみる。

店員さんの姿は見えるが、すぐ近くでもないので聞こえないみたい。

大声で呼ぶのは気が引ける。角が立ちそうだし。気づいて貰えないかとウロウロする範囲を広げつつ、また小声ですいませ~んと言ってみる。

お、気づいてもらえた模様。

しかし近くに来てくれず、遠くから人数を聞かれる。ずこっ(笑)

2名です。と私。

店内の奥の方をさして「どうぞ」と言われた。とにかく気づいてもらえたので一件落着。

ここまでだいたい1分弱か。3~5分くらいに感じる長い時間だった(笑)

 

指示された奥の方へ行くが、宴会場と書かれた誰もいない広間があるのみ。ここでいいのか?

勝手に入っていいとは思えず、周りをキョロキョロ。

わからないので、厨房の方に行き、どこですか?と聞く。

あちらです。ごめんなさい。とお店の方。結局先ほどの宴会場の一角へどうぞという事だったらしい。

ふむふむ、そうかと、席に付く。これにてやっと一見落着。

 

食べログにあったランチメニューらしきものは見当たらず。

夜は居酒屋をやっているようで、一品メニューやドリンクメニューも一緒においてありわかりづらい。

今回は海鮮丼セットと天ぷら茶そばセットに決定!海鮮も食べれて麺とのセットで満足感高いメニュー(笑)

似たようなメニューがたくさんある。常連さんならわかるんだろうと思ったり。

そんな事を考えてるうちに、注文から10分弱ほどで運ばれてくる。

 

ほうせい丸、実食

ほうせい丸の海鮮丼セット

海鮮丼のアップ。

 ほうせい丸の海鮮丼のアップ

うどんのアップ。
ほうせい丸の海鮮丼セットのうどん

サラダ。
ほうせい丸の海鮮丼セットのサラダ

 

天ぷら茶そばセット。
ほうせい丸の天ぷら茶そばセット

茶そばのアップ。

ほうせい丸の天ぷら茶そばセットの茶そばのアップ

天ぷらのアップ。

ほうせい丸の天ぷら茶そばセットの天ぷら

寿司のアップ。

ほうせい丸の天ぷら茶そばセットの寿司のアップ

そして茶わん蒸し。
ほうせい丸の天ぷら茶そばセットの茶わん蒸し

期待の海鮮、いざ実食!

海鮮丼はのお刺身、天ぷら茶そばセットのお寿司、うどんの味も、私の口にはちょっと合わなかったです。

超大盛りチャレンジとかの告知を見て雰囲気よさそうで楽しみにしていましたが、全体的に私にはちょっと合わなかったようです。

好みは人それぞれ。

東港が近いので、お魚は新鮮なのでしょう。

 

ほうせい丸の店舗情報

  • 営業時間:11:00~L.O.14:30、17:00~L.O.21:00
  • 定休日:不定
  • 駐車場:有
  • 住所:新潟県北蒲原郡聖籠町藤寄2321-4
  • TEL:025-386-3587