すたみな太郎は平日ランチがお得すぎる!メニューや料金の確認とクーポン利用してきた感想【2020年版】

新潟市東区の赤道沿いにあるすたみな太郎をご紹介します。

この地にオープンして途中バイキング新潟という名前になったらいはや25年くらい?

もっと経つかもしれませんが、長きに渡り新潟市民に焼肉バイキングという物を教えてくれた先駆け的なお店。

ひとことで言うと、

  • 平日ランチが安すぎ!1100円(税抜)
  • お寿司もある
  • デザートの種類が豊富
  • 平日はそこまで混まない
  • ドリンクバー無料(要スタンプカードorwebクーポン)

というお店です。

すたみな太郎の料金

すたみな太郎は食べ放題コースのみのお店です。

曜日や時間帯、年齢で料金が変わるシステムです。上の画像のように店頭に料金表があるので入店前に確認できますよ。

あらためて表にまとめてみました。

時間 大人(中学生以上) 60歳以上 小学生
平日ランチ90分1100円1000円800円
120分1250円1150円900円
150分1400円1300円1000円
土日祝ランチ90分1800円1500円900円
120分2050円1700円1000円
150分2300円1900円1100円
ディナー90分2100円1700円1000円
120分2400円1900円1200円
150分2700円2100円1400円

全時間帯で、3歳以上~小学生未満は100円、3歳未満のお子さんは無料です。

ドリンクバー・飲み放題

  • ドリンクバー:236円
  • アルコール飲み放題90分:980円
  • アルコール飲み放題120分:1180円
  • アルコール飲み放題150円:1380円

時間帯

  • ランチタイム:平日・土日祝ともに11:00~16:30(受付15:00まで)
  • ディナータイム(月~木):16:30~22:00(受付21:00まで)
  • ディナータイム(金土日祝):16:30~22:30(受付21:30まで)

すたみな太郎はまずいのか?

すたみな太郎の評価は様々です。

美味しくないとかお肉の質が低い的な意見を聞いたり、まとめサイトなどで味について低評価のコメントをよく見かけます。

が、これってちょっと的外れな気がします。

平日ランチは1000円ちょっとで焼肉・お寿司・お惣菜・デザートが食べ放題という破格の値段で提供するのがすたみな太郎のすごさです。

もっと高いその他の焼肉屋さんと同じ土俵で比較するのがそもそもズレてるわけですよね。

そこで通ぶって「すたみな太郎はまずい」なんて言ったとろで、周りから「この人なに言ってるんだろう・・・」と思われるだけです。

たとえるなら、一泊4000円のビジネスホテルを、ホテルオークラやグランドホテルと比較して、「部屋が狭いし全ての質が低い」などと言ってるようなもので、「そりゃそうでしょ」と突っ込まれるのがオチです。

1000円ちょっとだから贅沢しすぎた罪悪感もないし、肩肘はらずに好きなだけ食べられるすたみな太郎という空間が私は好きです。

100均で好きなものを買いまくって買い物欲求を満たすのと似ているかもしれません。

すたみな太郎に求めてるのは楽しさ、ワクワク感、自由さなどで、高級感や質を求めて行くわけではないです。

食べ放題ではあり得ない安い価格で、お肉・お寿司・デザートやおかずなどの豊富なメニューの中から好きな物を取って、好きなだけ食べられるのがすたみな太郎の醍醐味ですね。

メニュー(料理の数々)

では早速すたみな太郎の料理の数々を見て行きましょう、というその前に1つだけ。

まずは下見で1W1Hを考慮

すたみな太郎に入り席に案内されたらまずやる事、それは店内にところ狭しと並ぶ料理や食材の数々を軽く確認することです。

いきなり焼きそばやたこ焼きなどを取って食べ始めたんじゃあ初心者の域を出れていないという物。

その日の腹具合と相談しながら1分ほどグルりと一周し1W1Hを考えます。

1W1Hとは

「What、How much」です。つまり「何を、どれだけ」食べるのか。

これにより、容量が決まっている胃袋に対し、どの料理を優先的に放り込んで行くべきか計画が立てられるわけです。

しょっぱなの空腹状態は危険です。

すぐ食べられる調理済みのたこ焼き・焼きそば・から揚げ等を食べ過ぎてしまい、お肉やお寿司などのメインが思ったほど食べられなくなった、なんてのはもはや「食べ放題あるある」です。

これはひとえに、計画性の低さがもたらした結果です。

「せっかく食べ放題に来たのに、あんまり食べられなかったな。もう年かな・・・」なんて無駄に悲嘆に暮れることになるのです。

人生でも、恋愛でも、ブログ運営でも無計画では思ったような結果が出せなくて世知辛い思いをするのと同じで、食べ放題バイキングもまずは計画です。

最初の方に取ってきた謎の煮物が、最後までほぼ手付かずでテーブルに鎮座しているという現象とはもうさようなら。

最初のたった1分を計画に費やすことが満足度を左右するわけです。

前置きが長くなりましたが、すたみな太郎のランチタイムに用意されていた品々のご紹介です。

お肉

お寿司

おかず・お食事もの

サラダ

デザート

いざ、実食(食べた物のレポート)

一通り食べたい物を取り揃え、さあ食べましょう!

品目ごとにサクサクっとご紹介していきます。

焼肉

私の場合ですが、お肉はだいたいカルビ、ロース、アップルポーク、タンあたりに食べるものが決まってます。

タレ

卓上にもありますが、お肉コーナーにも大根おろし、塩だれ、にんにく、ポン酢など複数のタレや調味料が用意されており、色んな味で楽しめます。

お寿司・焼きそば・炒飯・カレー・カルビスープ

お肉が焼けるのを待ちながら、取り過ぎに注意しながら持ってきた炒飯やカレーを食べます。私の場合はお寿司は焼肉と同じくらいメインなので多めでもOK。

ラーメン

ラーメンを忘れたことに途中で気づきました。

座席ブースと食品ブースの仕切り板の陰に隠れて見逃しやすいんです。

ラーメン屋さんのような味が期待できるわけではないのですが、カレーやラーメンなど単独でも主役を張れる役者たちをわき役のように扱うという、昭和の大女優のような行為をやらずに終われません。

自分で茹でるというラーメン屋さん気分になれるシステムは子供にウケることでしょう。

冷凍庫から麺を取り出して、お湯の中にダイブさせます。

適当に数10秒待ちます。すると麺がほどけてくるので、箸で軽くかき混ぜ、麺が全部バラけ切ったらOK。

お湯を軽く切ったら器に盛ります。

そばにあるスープを注ぎ、

振り返ったところにあるサラダコーナーでネギなどお好みの薬味をのせたら完成♪

こんな風に自分でラーメンが作れるのもすたみな太郎の楽しさの1つですね。後で気づきましたが、カルビスープなどを注いでも美味しいかもしれません。

デザート

「結構お腹いっぱいになってきたな~」と思ったらデザート移行の合図。

デザートも種類が豊富なので、ここで移行しないと色々食べることが出来なくなっちゃいます。

コーヒーゼリーにわらび餅、ケーキ2種にシュークリームをいただきました。

クーポン

すたみな太郎にはほんのひと手間こなすだけで誰でも受けられるお得なサービスが2つあります。ぜひ行いましょう。

  • ドリンクバー無料
  • WEB限定クーポン
  • スタンプ追加

ドリンクバー無料

有料だと236円(税抜)のドリンクバーですが、これを無料にする方法があります。

やり方は以下の3通り。

  1. スタンプカードを見せる
  2. スマホで公式サイトのクーポンを見せる
  3. モバすたに登録

すたみな太郎には赤いスタンプカードがあり、これを入店時に見せることで無料でドリンクバーを付けてもらえます。

また、公式サイトにドリンクバー無料サービス券があるので、この画面をスマホで表示して見せることでも出来ます。印刷して持ってきてもOK。「すたみな太郎 クーポン」で検索で出てきます。

モバすたというすたみな太郎のモバイル会員サイトに登録することでもドリンクバーを無料で利用できます。

また、モバすたに登録しておくとお誕生日月には割引も受けられます。

  • ディナー・土日祝ランチ:500円オフ
  • 平日ランチ:300円オフ

WEB限定クーポン

すたみな太郎の公式サイトに、ディナーで120分以上のコースが10%オフになったり、ドリンクバーが無料になるクーポンがあります。

永久にあるかはわからないのと、出し忘れを防ぐために、一応行く前に確認した方が無難でしょう。「すたみな太郎 クーポン」で検索すれば公式サイトがすぐ出ます。

スタンプ追加

帰る際、卓上にあるこのような札を添えてレジに出すと、スタンプが追加で押してもらえます。

お店の住所や電話番号や店内の様子

お店の住所や電話番号、行ってみたわかったお店の様子など店舗情報まとめ。

店舗詳細情報

  • 営業時間:月~木11:00~22:00 金土日祝11:00~22:30
  • 定休日:年中無休
  • 住所:新潟市東区下木戸3-236-1
  • TEL:025-275-5500

店内の様子

奥の厨房側に食品コーナーがあり、残りがすべて座席です。シート席からイス席まで複数あります。

トイレ

入口と厨房の間あたり男女別で用意されており、中はとても広くなってます。紙もストック分も用意されており安心。

隣りには喫煙ルームもあり。

アクセス

お店の場所や行き方、駐車場などアクセスに関する情報です。

場所

場所は赤道沿いのフレスポ赤道のすぐ近く。通船川のすぐ横。

駐車場

お店の前にかなり広い駐車場があり。

10倍楽しむ方法

同じお金を使うにしても、より楽しむために、よりお得に利用するために、考えられることをまとめてみました。ある程度主観が入ることをご了承ください。

おひとり様での利用

行きにくいと思いきや、意外にもおひとり様が結構おられます。

端の方の席なら一人で行っても過ごしやすそう。

お子様連れでの利用

ソファシート席が多数あり背もたれで仕切られており利用しやすいと思います。実際お子様連れは多数見かけます。

バリアフリー対策は?

お店の入り口前にスロープがあります。店内の床もフラットで車いすで移動しやすいと思います。特に狭い通路などもないですが、すれ違いはしづらいかもしれません。

シート席が多いですがイス席もあるので、イスをよけて車いすで席に着いて食事ができます。

混み具合は

私はここ最近は平日お昼にしか行ってないので週末はわかりませんが、平日はそこまで混んでないです。

客層は

まさに老若男女。ご年配の方も多数お見かけします。

個人的な感想

私の主観と独断による勝手な評価です。

美味しさ3.5
安さ4
4
スピード3.5
コスパ3.5
アクセスの良さ3.5
居心地3.5
平均値3.64

私事ですが最近は食が細くなってきており、食べ放題に行った後は必ずと言っていいほど満腹で苦しい思いをします。

すたみな太郎だけどスタミナが付いたのか弱ったのかわからない状態。

ということで、今回はすたみな太郎をご紹介しました。平日ランチが圧倒的にお得ですし、おひとり様でも意外と入りやすいです。外回り中のお昼や、ランチ会などでのご利用も良いと思います。