新潟市の救急病院をご存知ですか?必要なときに慌てなくて良いように

2020-05-31

もちろんどこかにあるだろうし、知っていたような気がするけど、いざ聞かれるとどこにあって何時までやってるのか、すぐ答えられなかったりしますよね。

救急病院は1つだけ、複数あるの?場所はどこ?持ち回り制?24時間やってるの?料金は普通の病院と同じ?などなど。

いざ必要になったときに慌てずに済むよう、確認の意味でもご利用いただければと思います。

新潟市に常設の救急病院はあるの?

新潟市急患診療センターという常設の夜間・休日診療のための病院があります。

一般の医院や病院が閉まっている平日の夜間や土日祝に診てもらえる、応急処置病院として位置づけられています。

場所

新潟バイパス紫竹山ICのすぐそば。

紫鳥線のココス、クスリのアオキ紫竹山店があるところの奥です。

向かいには健康医学予防協会の大きな建物もあります。

新潟バイパス経由行くなら、西区方面からは弁天インター下りてわりとすぐ。

東区方面からは弁天インター下りられないので、紫竹山インターで2個目の出口を下りると行けます。1個目の出口で下りると亀田バイパスに行ってしまいます。

診療時間

各診療科の診療時間は以下です。年末年始とは12/31~1/3までのことを指しているそうです。

内科・小児科

  • 平日:19:00~翌6:30受付
  • 土曜:14:00~翌7:00受付
  • 日・祝・年末年始:7:00~翌6:30受付

整形外科

  • 平日:7:00~翌9:30受付
  • 土曜:22:00~翌9:00受付
  • 日・祝・年末年始:9:00~21:30受付

外科

  • 土曜:15:00~21:30受付

産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・脳外科

  • 日・祝・年末年始:9:00~17:30受付

注意点が幾つかあり

  • 入院・手術ができない
  • 薬の処方は応急処置としての回数分
  • 服用中の薬などあれば持っていく
  • 保険証がないと全額自己負担

急患センターだからと言って、保険証がなくても大丈夫ということではないんですね。

入院、手術はできないのでご注意を。応急処置的な位置づけで、重篤な場合はここではなく大きな病院に急患で行く必要があります。

病院の情報

住所新潟市中央区紫竹山3-3-11
電話番号025-246-1199
駐車場あり(188台)

新潟市の救急医療の体制

新潟市では、夜間・土日祝の軽症の患者さんが受診できるものとして新潟市急患診療センターが存在しているのだそうです。

そして、緊急性が高い、重症、手術が必要な患者さんのために輪番で各病院が当番を行っている、となっています。

これを病院群輪番制事業と言うそうです。

新潟市急患診療センターは応急処置的な対処になるので、症状が重い・手術が必要かもしれないなどの場合に行っても結局、高度な医療が行える病院に再度行くことになり余計に時間を取ってしまいます。

なので、まずは新潟市急患診療センターに電話で相談するのが良いかもしれません。

どういう処置を行ってもらえるのかを確認した上で、どうするか検討できます。

公式サイトにもまずはお電話で相談くださいと書かれています。

救急病院に行くべきか迷ったときは

実際に救急医療を利用する前に、電話で相談できる窓口などがあります。

新潟市急患診療センター電話相談窓口

新潟市急患診療センターでは電話相談窓口があります(025-246-1199)。

受診するか迷ったときは、まず電話で相談できます。

こどのも救急ホームページ

こどもの救急というサイトがあり、夜間や休日などに受診するかどうかの判断に役立つ情報が載っています。

生後1ヵ月~6歳までが対象。

発熱、けいれん、下痢、誤飲など19の症状からチェック項目を選択し、救急車を呼ぶべきか、タクシーか、準備すべきものは?などがわかるようになっています。

新潟県の救急医療電話相談事業

他にも、電話で症状を経験豊富な看護師さんなどに聞いてもらい、対処方法や医療機関に行くべきかなどのアドバイスがもらえます。

患者さんの年齢によって2つに分かれてます。

救急医療電話相談事業(#7119):大人(15以上くらい)

対象者大人(15歳以上くらいの方)
相談時間19:00~翌8:00(毎日)
相談内容発熱、頭痛、腹痛、吐き気など急な病気やケガ
電話025-284-7119 #7119

この窓口はだいだい15歳以上の大人が想定されています。それより下の年齢の方については次の項目を。

小児救急医療電話相談事業(#8000):15歳未満の子供

対象者15歳未満の子供
相談時間19:00~翌8:00(毎日)
相談内容急な発熱、ケガなどの相談
電話025-288-2525 #8000

小さいお子さんや15歳に満たない方を対象とした相談窓口です。

もう1つの道

ここまでは新潟市急患診療センターや新潟市の救急医療のご説明がどういうものかをご説明しました。

が・・・1つ大きな問題があります。

応急処置的な位置づけだから対処が限られるとか、そういう話ではありません。

なんというか、評判が・・・。

詳細は、ご自身でGoogleの口コミでも読んでご判断ください。

でも、新潟市の急患診療センターは1つしかありませんよね。

そりゃ他に救急医療をやってる病院がないわけではないですが、正直ちょっと敷居が高いというか。

僕も人生で何度か利用したことがありますが、あまり気軽に利用できるような、行きやすい印象ではなかったというのが、正直な感想です。

じゃあ仕方ないのか・・・と思いきや、もう1つ手がありそう。

新発田や巻など、近隣地区の急患センターもあり、そちらも利用できるみたいなんです。これらの利用を勧める口コミすらありました。

参考までに、にいがた医療情報ネットというサイトにまとまってるのでご覧ください。

まとめ

新潟市の急患センターについてご紹介しました。

とりあえず新潟市には急患専門の病院が紫竹山にあることがわかりました。あくまで応急処置的な位置づけということでした。

  • 入院・手術ができない
  • 薬の処方は応急処置としての回数分
  • 服用中の薬などあれば持っていく
  • 保険証がないと全額自己負担

などの注意点もあります。

他にも新潟市から行ける距離にいくつか急患センターがあるので、新潟市急患診療センターへ行くか、他の所へ行くかは検討していただければと思います。