五十公野公園にあやめ園と蛍を求めて行ってみました【新発田市五十公野】

2018-06-28

五十公野公園あやめ園の2018/6/25(月)現在の様子は?

五十公野公園あやめ園の薄紫のあやめ

時は2018年6月25(月)。夜の予定は何もなし。6月下旬という事はあやめも見頃を迎えているはず、そして蛍のシーズンも6月中旬~7月上旬。こんな時は五十公野公園のあやめ園に行くしかない!時間もちょうど頃合いだ。

と思って行ってきました、人生初となる五十公野公園あやめ園♪

実は五十公野公園、かーなーり広いんです(汗)。なにも考えずぶっつけ本番で行くと、目標の施設の位置の確認に時間を要し、目的を果たせずに暗くなってしまうかもしれません。

施設?そうなんです。ここ五十公野公園は、広大な敷地に色んな施設が点在した大きな公園なんです。半分自然みたいなところです。

だからその時行きたい施設の位置はあらかじめ調べておくか、五十公野公園に着いてすぐ地図で確認しましょう。

五十公野公園あやめ園の場所、

  • 駐車場の位置や広さは?
  • 駐車場からあやめ園までの道のり
  • あやめの咲き具合は?
  • ところで蛍は見られるの?

などなど、詳しくお届けします!

五十公野公園あやめ園とは

五十公野公園あやめ園の説明看板

あやめは新発田市の市の花なんですね。市の木は桜との事。新発田といえばあやめという位あやめは有名ですね。銘菓あやめ餅もクルミが入って美味しいです。

  • 五十公野公園の広さは90ヘクタール。東京ドーム20個分。
  • 標高20~85m。
  • あやめ園は1.8ha(1haは10000㎡)
  • あやめは6月下旬から7月上旬が見ごろ。時期を同じくして蛍も。
  • 日本四大あやめ園
  • 升潟には冬は白鳥が飛来する
  • 花見スポットでもある

五十公野公園あやめ園の場所

五十公野公園までの道のりはわかりやすい♪

新新バイパスを最後まで行きます。左にグルーっと大回りでカーブして、最終的にパイパスが終わるところまで行きます。一番左の車線からの降り口に向かわないようにご注意を。降りると直進方向になってしまいます。

そのまま7号線を10分くらい走ります。

左手にダムズ新発田店、右側にタートル新発田店が見えてきたら、そこのT字路を右折。

そのまま道なりにクネクネ2、3分走ると着きます。

着く少し前にヤマザキデイリーストアがあるので、それが道順が間違ってないことの証拠!

新発田で人気のラーメン屋ちゅんりも近いとこ。店主はスト2好き?!

周囲は開けていて自然が多い場所です。

五十公野公園あやめ園の駐車場

めちゃめちゃ広いです。

五十公野公園の敷地の手前エリアにあってすごく広い駐車場が数か所にあり、着いたらすぐわかります。

五十公野公園あやめ園の駐車場

月曜のせいかガラガラです。週末でもこれだけ広いので満車になる可能性はまず低いでしょう。

あやめ園付近の駐車場は250台ほどのようですが、五十公野公園全体としては1000台以上あるみたい。

あやめ園の駐車場というよりは、正確には五十公野公園の駐車場です。あやめ園だけでなく陸上トラックや野球場など、自然など様々な物が集まる広大な公園なんですよ。

あやめ園に行くときは向かって左側というか、升潟に近い駐車場に停めるのがおすすめ。

あやめ園までは徒歩10分くらいあるので、少しでも近い方がいいですよね。

暑いから汗もかきますし。

蛍やあやめが目的ならあやめ園に行くことになるので、バーベキュー王国や公衆トイレがある所の近くに停めましょう。

ちなみに駐車場の真ん前にはこんな場所が。

五十公野公園あやめ園の駐車場真ん前の墓地。
五十公野公園あやめ園の駐車場真ん前の墓地の看板

カトリックの霊園もあるんですね。

五十公野公園内の駐車場からあやめ園までは徒歩10分

駐車場から五十公野公園の左手前エリアにある升潟方向へ道路を歩きます。途中に奇妙な看板がいくつも(汗)

若旦那のインパクトったら(笑)

升潟荘の看板

今の時代ならこういうインパクトある打ち出し方も受け入れられやすいけど、看板の色あせ具合からして結構前に作ったと思われます。

若旦那、相当ハート強そう♪

あと198歩って具体的でわかりやすい! でも200歩じゃダメなのか!?

こちらはバーベキュー王国の看板だけど、これもまあまあ個性的。

バーベキュー王国の看板。手ぶらでBBQが出来るんだそう。

400mも歩くのか~と思いましたが、いざ歩いてみるとそうでもなかったです。

五十公野公園のあやめ園まで400mという看板

300種ものあやめがあるんだそう。すごい。

升潟へ行かず右方向に進むと、人力車乗降場という看板が。この時は時間のせいか係員さん居なくて乗れず。

五十公野公園の人力車乗降場
五十公野山赤松林まもり隊参加者募集中の看板

五十公野公園のマップも色んなところに立ってます。

五十公野公園のマップ看板

道路側から向かって左側が升潟やあやめ園。右側が陸上競技場や野球場などスポーツ公園です。

トリムコースもあるようです。ジョギングしている方も数人みかけました。

五十公野公園の升潟トリムコースの看板

あやめ園の歩き方

升潟についたら、右岸を歩いて向かいます。升潟を右側から反時計周りに一周するようなイメージ。

五十公野公園の升潟の入り口

18:00すぎの到着のため、まだ明るい。行灯が素敵。

この後19:45頃から薄暗くなり始める。20:00頃にはかなり暗く。

ちなみにこの日は2018/6/25(月)。

升潟荘の方を望むと緑と建物、行灯が水に映えてキレイ♪

五十公野公園あやめ園の升潟をますがた荘に向かって望む

よし、あやめは見頃との事で問題なし!

五十公野公園あやめ園の咲き具合の看板

あやめ園の入り口ゲート。

五十公野公園あやめ園の入り口ゲート

升潟の右岸を歩きます。あやめ園まであと300m。

升潟の右岸にあるあやめ園まで300mという看板

升潟と奥行きを感じさせる道が雰囲気があり、退屈せずに歩けます。

景色を楽しみながらゆっくり歩いて行きます。

途中にもうけられている休憩所。

五十公野公園あやめ園に向かう途中にある休憩所

途中、園路案内図があるので位置を確認できます。

五十公野公園あやめ園の園路案内図

あやめ園に到着!

五十公野公園あやめ園の木彫りの看板
あやめ園で最初に見えるあやめ畑

キレイです♪

お花にそんなに興味なかったんですが、にいつの花夢里いったり、何度か観てたら少し好きになってきました。

側道から、あやめ園の敷地へ下りてみましょう。

五十公野公園あやめ園のなかにある橋

五十公野公園のあやめの数々

青に紫に黄色に白に、本当にたくさんの種類のあやめがたくさん咲いてました!

複数の色が咲き誇ってキレイです。

あやめを見るためにはまだ明るさがあるうちに来た方が良いですね。夜はライトアップがはされますが、あやめを見るには暗いです。

しばしあやめをご覧ください。

五十公野公園あやめ園のあやめその1
五十公野公園あやめ園のあやめその2
五十公野公園あやめ園のあやめその3

時折あじさいらしき花も咲いてました。

五十公野公園あやめ園のあじさい
五十公野公園あやめ園内の小道

小道を進んで更に奥へ。

五十公野公園あやめ園の一番奥

この辺が一番奥のようです。これ以上道が見当たらず。

また升潟の外周通路に戻り、升潟の左岸に向かう道を歩いてスタート地点を目指します。

途中の、あやめ園に下りれらる階段。段差が奥行きを感じさせて絵になる風景です♪

五十公野公園あやめ園の側道からあやめ園に下りる階段
五十公野公園あやめ園のご来園ありがとうございましたの看板

しかし道はまだ続きます。

あやめ園の戻りルートの道

山頂を表す看板が。

五十公野公園あやめ園付近の山頂の看板
五十公野公園あやめ園近くの山頂にあるマップ

マップもあるので見ると、今この辺らしい。

すぐそばに登りの階段があるけど、道が細くて草木が多そうなので行かず。この先には何があるのか。

五十公野公園あやめ園の山頂付近にあった登りの細い道

少し歩くと平地になってきました。駐車場までもうすぐです。

五十公野公園あやめ園の戻り道の最後の平坦な道

あやめ園とは別ルートに展望台が

あやめ園へ向かうルートの最初に五十公野森林館という建物があり。

五十公野公園あやめ園の五十公野森林館

暗くて申し訳ない!。帰り際に撮ったらすっかり暗くなってました。

その右側にも小川と並走する細道があります。

五十公野公園あやめ園の五十公野公森林館横の小道

こんな風に看板が。

五十公野公園の展望台を知らせる看板

でも道が細く険しめで、登りませんでした。今日はサンダルで来てしまったんです(汗)。

蛍は見られるの?

さて、暗くなってきたので、もう一度あやめ園に行って、本日の一番の目的、蛍を探します。

ネットで調べた情報で蛍が出ると言われるあやめ園のスポットは以下です。

  • あやめ園手前の水たまり
  • あやめ園周りの用水路
  • あやめ園奥

これら全てを注意深くなんども観察していきます。

が、なかなか蛍らしき光は見られず。

手前辺り、奥辺り、あやめ園に下りて水路に目を凝らしたり。

何度も行ったり来たりしてみます。

でも、一匹も見当たらず。

帰り道も一応目を超えらして升潟右岸を見ていくが、結局一匹も見れずじまい。

夕方以降は涼しい日だったので、まだすこし早かったか。
水路や水がたまった所ともに水量が少ないので、あまり蛍が多く生息しないのかもな~と思ったり。

あやめ園の周りは升潟以外は水の量が少ない。蛍の生息にはあまり向かないのではないか。

ライトアップによる光と発電機の音などからも、蛍が生息しにくい環境なのではないかとちょっと気になる。

はぁ~、蛍が見たくて五十公野公園まで来ましたが、どんなに探しても光の1つも見つからず。

本日は諦めるとします。

あと1、2週間したら蛍さん出てくるのかな~。となるとチャンスは7月上旬!?

五十公野公園あやめ園のトイレ

五十公野公園はトイレは複数用意されています。駐車場のすぐそばとか、公園内の色んな個所に。これはあやめ園の途中にあったトイレ。

五十公野公園あやめ園のトイレ
五十公野公園あやめ園のトイレの入り口正面。男用、女用、多目的トイレが用意
五十公野公園あやめ園の男子トイレ

男子トイレ。

多目的トイレの様子を。

五十公野公園あやめ園の多目的トイレのドア

中の様子。

五十公野公園あやめ園の多目的トイレの中の様子

この場所のトイレは男子用も多目的も、公衆トイレっぽい感じで、少し臭いがきつめでした。公園のトイレはだいたいそうですけどね・・・。

あやめ園の料金は?開催期間・時間、ライトアップ時間、見ごろなど

五十公野公園あやめ園の情報をまとめておきます。

開催期間・時間

6/8~7/1。

ライトアップ時間は21:00まで。

閉鎖などはしないので何時でも入れるそうです。

料金

無料。

協力金として100円が募集されてますが強制ではないです。

あやめの見頃

6月中旬~7月上旬です。

蛍の見頃

6月下旬~7月上旬と、あやめの見ごろの時期と重なってます。

定休日

定休日はないそうです。夜も閉鎖などはしないので入るのは何時でも可だそう。

ライトアップの時間と期間

21:00までです。期間は6/8~7/1まで。

五十公野公園あやめ園のライトアップ時間と期間の看板

問い合わせ先

新発田市観光協会(0254-26-6789)が問い合わせ先となっています。

よく考えたら、蛍を見るためにはライトアップが終わってからの方が良いかもしれませんね。

でも蛍はだいたい7月上旬までと言われているので、微妙かな~。

ライトアップは7/1までだったので、7/2以降のまだ明るい夕方に来てあやめを見て、その後暗くなったら蛍の光を探す。そんな計画が良かったのかもしれません。