320℃の熱々でも伸びない不思議。石焼ラーメン火山の7種の野菜入り醤油ラーメン

火山弁天橋通店の醤油ラーメンがグツグツ煮えているアップ

新潟市中央区弁天橋通にある石焼ラーメン火山弁天橋通店をご紹介させて頂きます!

新松崎店が閉店してしまい、あの石焼ラーメンが食べられるのも今や新潟市はおろか、新潟県には弁天橋通店の1店舗のみというのが現状です。

火山はチェーン店だったんですね。ちょっと前まで知りませんでした。東日本を中心に18店舗を展開するそうです。

定期的におそってくる、あのグツグツした石鍋の濃厚スープから麺を、ハフハフ言いながらすくい上げて食べたいという衝動。

一度想像したら食べに行くまで1週間くらいおさまりません。何か理由を付けて仕事帰りにそっちのほうに行ったり。

ということで火山弁天橋通店へレッツゴー♪

 

石焼ラーメン火山の特徴

まずは火山に行ったことがない方のために特徴を簡単に!

今回調べてみて初めてわかったことばかりでした。

石鍋の温度は320度

グツグツに沸騰してる火山弁天橋通店の石焼ラーメン醤油

火山の石鍋はなんと320℃に熱せられているそうです。

だから冷めずに最後までアツアツで食べられるんですね。

でも火傷に注意です。この温度では触ったら一瞬でアウトです。

まあ100℃のお湯でも一瞬かかっただけでヤケドですが(汗)。それ以上の温度なのでくれぐれも注意しましょう。お子さんを連れてる時は特にですね。

熱々なのに伸びない独自の麺

石焼ラーメン火山の麺を箸で持ち上げた図

普通だったら熱ければ熱いほど伸びやすくなるはずです。なのに火山の麺は伸びない

最後までアツアツなのに、不思議なことに伸びないんですよ。

その秘密は、独自の小麦配合の麺だからだそうです。

たしかに、食べ終わるまで伸びた感ないからいつも不思議だったんです。

野菜たっぷり

沸騰がおさまった石焼ラーメン火山の醤油ラーメン

石焼ラーメン火山の野菜は、7種類280グラム

炭水化物ばっかりだな~と気にする必要なし。見た目の豪快さとは裏腹にヘルシーです。

特殊な石でできた鍋

石鍋はは長水石という保温性の高い石鍋を使用しているのだそう。

シメのおじや用ごはん

石焼ラーメン火山のとんこつラーメン

デフォルトでシメのおじや用ごはんが付いてくるんです。

ラーメン食べながらご飯を食べてもいいし、食べ終わってからおじやにしても良し。半分ずつでも良し。

私は味玉とスープをおかずにご飯を食べるのが好き♪

 

火山のメニュー

石焼ラーメン火山の名の通り、メニューのほとんどが石焼ラーメンです。その中に少し、普通の丼に入ったラーメンや、つけ麺もあります。

数が多いので別ページにしてます。

 

ラーメン火山の楽しみ方

火山弁天橋通店の跳、「石焼ラーメンのお召し上がり方」という紙

石焼ラーメン火山は土鍋の温度が320度くらいもあるというグッツグツの激熱ラーメン。普通のラーメン屋さんとはちょっと違ったラーメンとの向き合い方が必要。

  1. 色の濃い服を着ていくべし。白は避けよう
  2. 食べるのに必要なアイテムをもらうべし
  3. 沸騰して跳ねるスープを紙で防御すべし
  4. ブクブク沸騰する石焼ラーメンをしばし鑑賞すべし
  5. 沸騰が弱まってきたら、器に取って食べるべし
  6. ご飯を投入しておじやにすべし
  7. 帰り際にアイスをもらうべし

白は避けて色の濃い服を

スープが跳ねるから白い服は避けてなるべく濃い色にしましょう。

普通のラーメン屋さんでも食べてるうちに多少はねることはあるけど、火山の場合はそれとは別にアツい石鍋でスープがバチバチ跳ねてきます。

どうせ服に飛んでると思っておきましょう。

間違っても白い服なんて着て行ったらいけません。

気を付けて食べたつもりでも、後でよく見たら小さい茶色いシミが。ここにも、あそこにも。僕の場合はほぼ毎回。なんでか白い服を着てる率がほぼ100%なんです(汗)。

 

食べるのに必要なアイテムをもらおう

火山弁天橋通店のアイスやその他無料サービスの貼り紙

髪が邪魔だと食べることに集中できないのでヘアゴムを借りたり、飛び跳ね防止の紙エプロンや、割りばしが良ければもらうことも出来たり、サービスは色々あるので準備万端整えてラーメンを待ちましょう♪

スープを注ぎ足したり、薄めたりすることも出来るんですね。

 

跳ねるスープを紙で防御

ぐつぐつ沸騰して煮えたぎる石焼ラーメン火山の醤油ラーメン

最初が一番熱く、沸騰しまくりのスープが跳ねまくり!

紙を使ってこれを防御しましょう。

紙はお店の方で用意してくれてます。
火山弁天橋通店の跳、「石焼ラーメンのお召し上がり方」という紙

何やら書いてあるけど、これが跳ね防止に使う紙なのです。

両手で持って石鍋の前にかざしてシャットアウト。

店員さんから防ぎ方や食べごろについてのレクチャーがあるので、よく聞いておきましょう♪

 

ブクブク沸騰する石焼ラーメンをしばし鑑賞すべし

火山の沸騰する石焼ラーメンとご飯とうつわとレンゲ

紙でしばらく防御。最初の勢いが少し落ち着いてくるから、そしたら紙をどかしても大丈夫。

勢いは落ち着いたものの、まだ少しブクブク感があったりします。

そんなときはしばし鑑賞。火山の石焼ラーメンを目で楽しむ時間帯。

石鍋の中で汁がわく姿は普段見る機会がないので、自然と見ちゃいます。

ハッと我に返ったころに丁度食べごろになってるでしょう♪

 

沸騰が弱まってきたら、器に取って食べるべし

沸騰がおさまった石焼ラーメン火山の醤油ラーメン

弱まってきたなと思ったら、さあ食べましょう。

まだブクブクしてるものの、器によそいつつ食べられます。豪快に石鍋からダイレクトで行きたくなっても、危険なのでやめときましょう。

間違ってもくちびるを付けてスープを飲もうなんて思ってはいけません。ヤケドします。

 

時間が経っても、火山のラーメンは何故か伸びません。あせらずご自分のペースでお召し上がりください♪
石焼ラーメン火山の麺を箸で持ち上げた図

 

ご飯を投入しておじやにすべし

 

麺を食べ終わったら最後にご飯を投入しておじやにして食べましょう。火山はスープが美味しいので、ご飯を入れても美味しいんです。

ラーメンを食べながらラーメンライスのようにご飯を食べるのもありです。僕はそうしてます。最後に入れるために少しだけ残しておきます。

 

帰り際にアイスをもらうべし

火山弁天橋通店のアイスストッカーに貼ってあるアイスの種類

火山では帰り際にアイスがもらえます♪ ナイスサービス!

忘れずにもらっていきましょう。

アイスでほてった体と口の中をクールダウン。

 

出入口のそばのアイスストッカーに入ってます。好きな味のアイスを1つ取りましょう。
火山弁天橋通店のアイスストッカーの中

お子様だけでなく大人もOK。

30円で販売もしてるんだそうです。

 

とんこつラーメン

石焼ラーメン火山のとんこつラーメン

とんこつラーメンも美味しいですよ。

私の場合は、いつもだいたい醤油ラーメンかとんこつラーメンを頼んじゃいます。

沸騰したては湯気が凄い!
石焼ラーメン火山のとんこつラーメンの沸騰したての湯気もくもく状態

とんこつらーめんに限ったことではなく石焼ラーメンは全部そうですが。

1、2分経過して落ち着いたら食べごろです♪
石焼ラーメン火山のとんこつラーメンアップ

 

餃子

火山弁天橋通店の餃子

餃子はちょっとモチモチとカリッと感があって中々美味しいです。

最近、餃子が売切れ続出らしいです。
火山弁天橋通店の餃子メニュー

 

お店の住所や電話番号など

行ってみたわかったお店の様子、住所や電話番号などの店舗情報など。

店内の様子

お祭りの屋台のようなにぎやかな厨房周り。
火山弁天橋通店のカウンターや厨房の方の様子

木のぬくもりがある黒を基調としたラグジュアリー感のあるテーブル席。

火山弁天橋通店のテーブル席の様子

 

卓上調味料たち。
火山弁天橋通店の卓上調味料

酢、ラー油、醤油にブラックペッパー。爪楊枝も完備。

 

店舗詳細

火山弁天橋通店のウインドウにある営業時間

  • 営業時間:11:00~22:00
  • 定休日:年中無休
  • 住所:新潟市中央区弁天橋通1-3-1
  • TEL:025-257-7050

営業時間は2019/10/1から変更になってます。上の画像は少し前のもののため24:00となってます。

 

アクセス

お店の場所や行き方、駐車場や周辺道路の交通事情などアクセスに関する情報です。

場所

弁天線沿いの弁天橋を渡ってまもなくのところ。

 

火山という名にふさわしい外観。

火山弁天橋通店の外観

新潟駅方向の風景。
火山弁天橋通店の入り口付近と前の道路

反対の江南区方向。
火山弁天橋通店の周辺の風景

 

駐車場

火山弁天橋通店の駐車場

お店の前に十分なスペースの駐車場があります。

 

石焼ラーメン火山を楽しむ方法

少しでもより快適に楽しむために、考えられることをまとめてみました。

オススメの注文はこれ

火山に行ったらやっぱり石焼ラーメンです。初めて行ってどんぶり麺を注文とかは火山に行った甲斐が半減です。

禁煙・喫煙について

火山弁天橋通店の終日禁煙の貼り紙

終日禁煙となってます。

混み具合は

長い行列ができるほどではなさそうですが、ごはん時は結構混んでます。良い席の確保のためにも、ピーク時を避けて行った方が良いかもしれません。

お子様連れでの利用

帰りにアイスがもらえるあたり、お子様は喜びそうですが、石鍋が熱いので触れたりひっくり返したりすると、他の普通のラーメンよりひどい火傷を負う可能性があるのでちょっと心配。動き回りたい盛りだと危ないかもしれませんね。

 

個人的な感想

私の主観と独断による勝手な評価はこうなります。

美味しさ 4
安さ 4
4
スピード 3.5
コスパ 4
アクセスの良さ 3.5
居心地 3.5

ラーメン火山に来たらまずは石焼ラーメンを食べるべきです。

ダシとうま味がしっかりあるスープの味と麺の食感で、石鍋に入ってなかったとしても美味しいと思えるラーメンです。

それが石焼になってることでお鍋を食べてるような気分も加わります。

また鍋で焼かれて飛び跳ねるスープと、それを紙で防ぐというイベント感で、普通のラーメンを食べに行ったのでは味わえない雰囲気が楽しめます。

そういう点で、カップルで行っても楽しいお店だと思います。

ただ、服が汚れたりお店じゅうに油が舞ってるから臭いが付いたり、まだ慣れないデリケートさが残る時期のデートには向かない気がします。

特に夏は汗を書きそうでお化粧が落ちたり、女性のテンションを下げる要因が多めです。ご注意を。

 

石焼ラーメンには大盛りがないのが残念なところです。

石焼ラーメン美味しいから、お腹いっぱいになるの覚悟してたくさん食べたくても、残念ながら大盛りがないんです。

シメのご飯は付いてますが、やっぱり麺とご飯は違います(汗)。

つけ麺やどんぶりラーメンという、石焼ではないラーメンもあって、その2つは大盛りが無料です。

 

近くのお店やオススメスポット

ここでお昼を食べた後は、食後の美味いスイーツはいかがでしょうか♪

中条たまご直売店というお店のロールケーキとシュークリームが美味しいんです。私の中で1年以上新潟市1位に居続けてるお店です。