新潟市西区のななひらは極塩ラーメンが美味い。芳醇な味わいとコクが効いた絶妙な一杯

2020-02-10

イオン青山店の辺りから始まる大堀幹線をひた走っていると、小針エリア飲食店やらお店が立ち並ぶエリアが現れ、そこから坂井や寺尾と呼ばれる辺りまでお店が点在し続けるのですが、ななひらはそのしょっぱなにあります。

とにかく塩が人気のお店。

その名前は、頻繁に耳にするほど有名ではないかもしれませんが、「ななひらといえば塩」という感じで、塩ラーメンファンのみならず、特別塩好きでない人の間でも不動の地位を築いているお店です。

ひとことで言うと、

  • 塩が人気
  • チャーハンも美味しい
  • 席がやたら広い
  • しかし駐車場は停めづらい

という感じ。

そんな「ななひら」をご紹介します。

ななひらのメニュー

メニューの筆頭に塩を据えてる辺り、お店の方も塩推しなのがわかりますね。

  • 塩らーめん
  • 塩チャーシューめん
  • 野菜たんめん
  • 極塩らーめん
  • 極塩チャーシューめん
  • 中華そば
  • チャーシューめん

などなど、ラーメン塩と醤油を中心としたラインナップで攻めているようです・・・

と思いきや、途中から追加されたのでしょうか、よく見るとメニューのはざまに「越後赤みそらーめん」なる文字が横向きで鎮座しております。

縦型のメニューが用意されてました。

  • 炙りちゃーしゅーごはん
  • 焼ぎょうざ

餃子は5個というお店が多いですが、6個なので2人で3個ずつ分けられてケンカしなくて済みます。しかも360円と安い。

そして、

  • こくまろ醤油らーめん
  • こくまろ醤油チャーシューめん

というメニューも見えます。

ということは、塩・醤油・味噌の3大調味料を使った味のラーメンがすべてそろうお店なんですね。

醤油と味噌の両方が置いてるお店はわりとあるかもしれませんが、塩までそろえているお店はそうそうありません。

ましてや塩推しとなると、結構なレア度。

いやがおうにも塩への期待が高まります!

実食。食べた物のレポート

ラーメン屋さんに来てこれほどまでに迷うことはめったにないですが、決まるまでに10分以上かかりました。

もともと醤油ラーメン派の私。

「こくまろ」などと新潟県民大好きなカレーみたいな名前を付けられたら気になってしまうのが人情。

しかし、ななひらは塩のお店。

どうしたものか・・・

初訪問のお店は醤油か背脂醤油と決めている。しかし今回はイレギュラーということで塩で行くべきじゃないか。しかしこくまろが・・・

などと悩んでいるところに、もう1つ赤い彗星のごとく視界に飛び込んでくる刺客。

極塩らーめん!

「極」という字を冠していたら、それは「極上」とか、「さらに上」などより研ぎ澄まされたものであることを意味するものである証。

いや~迷います。有名なのは普通の塩なのか、この極めのことなのか。

2段仕込み塩とんこつ、太麺、数量限定など魅惑的な言葉で畳みかけられたらもはや抵抗不能。

極塩ラーメン+半チャーハン(ラーチャンセットB)

結局、極塩ラーメンと半チャーハンというお得そうなセットを見つけて注文。

適度ににごったスープに、数種類の屈強そうな具がトッピングされた絵力の強い極塩ラーメン。

美味い塩ラーメンとはどんなものなのか、一口すすったそのスープは・・・

何という完成度の高さか!

濃厚、いやドロドロとかそういう意味ではなく、得も言われぬ奥行きのある芳醇な味わい深さ。

幾重にも重ねられた味わいのアンサンブルが舌の上を駆け抜けていく。

この味を構成する食材は何なのか推測が付かず、一口、また一口と、麺を食べぬままにスープを連続ですすってしまう。

塩気はきつくなく適度で心地よい。この程度の塩気で麺を食べたら物足りないのではと思いきや、これがなかなかどうしてイケてしまうから不思議だ。

塩というとあっさりしてそうで細麺が合うだろうなんて勝手な素人イメージを押し付けたのは誰だ? それは私だ!

塩ラーメンに太麺がこんなに合うなんて・・・

ちょっと待ってくれ、これが塩ラーメンなのか・・・まるでハイクオリティの醤油ラーメンのように美味いじゃないか。

その昔、昭和の時代に祖母の家に遊びに行った際、近所の町中華屋から出前でとった塩ラーメン。

お湯と塩を混ぜて野菜の皮でダシをとったようなスープに茹で野菜が浮かんだだけの汁麺を食べさせられて以来、敬遠してきた塩ラーメンとは別物じゃないか。

とんこつなのかどうかも私の舌では判定不能なほど主張は薄く上品な味わい。

美味いラーメンとはこういうものなのかもしれない。

何10回とリピート済みのきんしゃい亭も、醤油とんこつと塩とんこつのどちらを食べても同じに感じてしまう。ただ美味いとしか認識できない。

そうか、醤油や塩という調味料の存在などもはやわき役。

ちょっとした風味を添えて脇を固める付き人のようなもの。

本当に美味いスープは、まるでターミネーターのアーノルド・シュワルツネッガー、ランボーのシルベスター・スタローンのように、作品のほとんど全てを決めてしまう、超ド級の大スターということか!

玉子だけのザ・炒飯がいかにも炒飯らしい器に盛られて登場。

これがまた中々に美味。

パラパラのチャーハンの米つぶを書き込んだらすかさず美味い塩のスープをズズッとすするのが何とも美味い。

6個で360円とお手頃な餃子。

お店の住所や電話番号や店内の様子

お店の住所や電話番号、行ってみたわかったお店の様子など店舗情報まとめ。

店舗詳細情報

  • 営業時間:11:00~15:00(14:45LO) 17:00~21:00(20:45LO)
  • 定休日:水曜。その他不定休あり
  • 住所:新潟市西区小針3-26-19
  • TEL:025-230-0357

店内の様子

厨房の周りを囲うように設けられたカギカッコ型のカウンター。広いテーブル、奥には広い座敷が。

一通りの物とプラスアルファ整えられた調味料。手前は柚子胡椒と紅ショウガ。

アクセス

お店の場所や行き方、駐車場などアクセスに関する情報です。

場所

飲食店などお店が立ち並ぶところにあり、長年にかけて幾つかのお店が入れ替わって来た場所だと記憶しています。昔焼肉の安里だったと。

駐車場

駐車場がなんせ停めづらい(汗)。

スペースが開いてたとしても通路部分が狭すぎだし変な柱があったり、道路も地味に車が続いてバックで入りづらいし停めづらさマックス!

せっかく来たのに出て行く車を見たことがあります。実は以前に一度私もやってます。

これがななひらの唯一にして大きな欠点ですね。

10倍楽しむ方法

同じお金を使うにしても、より楽しむために、よりお得に利用するために、考えられることをまとめてみました。ある程度主観が入ることをご了承ください。

おひとり様での利用

カウンター席が多く利用しやすいです。

お子様連れでの利用

お座敷があり、ゆったりスペースなので大丈夫でしょう。

混み具合は

平日の19時過ぎでしたが、我々の後に2、3分おきにお客さんが連続で入ってきて、あっという間に満席です。

提供に10分ほどかかったし、厨房の店員さんが餃子を持ってきてくれたりしたので、一気入店だったと推測します。やはり結構人気なんですね。

土地柄なのか、年齢層が少し高めに感じたのでそのせいなのか、満席でも店内が静かでしたし、すべてゆったりスペース設計なので混んでいないように感じます。

客層は

40、50台くらいのわりと大人な方々が多いように感じます。そこに1、2組アラサーくらいの方が混ざっているような。この日はそんな感じでした。

オススメの注文はこれ

個人的な感想

私の主観と独断による勝手な評価です。

美味しさ4.5
安さ3.5
3.5
スピード3.5
コスパ3.5
アクセスの良さ3
居心地4
平均値3.64

駐車場というアクセス面で思ったほど高くなりませんでしたが、ラーメンの味はピカイチです。

それに塩が美味しくてウリのお店ってめったに聞かないので貴重ですし。

想像していたよりも極塩が美味しくて開拓した甲斐がありました。期待を上回ることってめったにないですからね。

満席になっても店内がわりと静かで、店員さんもやたら元気な掛け声とかではなく、落ち着いた声のトーンで過ごしやすいお店です。

一緒に来た人との会話も聞こえづらくないのでストレス低。

塩が美味いとこくまろ醤油や赤味噌も美味しいのではと期待が高まりますねえ。

近々、極じゃない普通の塩ラーメンも食べに行こうと思います。