新潟地元民がオススメするおみやげ9選!県外の人に食べて欲しい名物を集めてみました

2018-08-07

笹団子がカットされて笹の葉の上にのっている

新潟市民である私が心からオススメしたい、本当の新潟のおみやげをご紹介します。

県外の方にわかって欲しい。新潟のイメージは誤解されてることを。

  • 新潟といえば魚沼産コシヒカリだよね
  • 新潟は酒と魚が美味い!
  • 湯沢や苗場などのスキー場でしょ
  • 笹団子でしょ
  • 越乃寒梅が一番じゃ
  • 柿の種チョコなんてのがあるんだよね?!
  • 語尾に「さ~」が付くよね!

などの決まり文句。

テレビでも新潟が紹介される時はいつもこんな感じです。

最近ではイタリアンとカレー味の半身揚げが入ってきます。

たしかに正解です。でも、そろそろ他のコメントください(笑)。

こればっかりじゃないんですよ。

新潟にはもっと色々あるのに、「何で毎回テレビに出るのそればっかりなの?」っていう「ザ・新潟土産」たち。

誤解なきよう言っておきますが、笹団子は美味しいです。はっきり言って傑作品だと思います。地味に美味い。何か好きです。適度な固さがありながら弾力もある。あんこも美味しい。あと形もいいのかもしれません。妙な中毒性があるんですよ。許されるならば5個は食べられます。

大人の事情が色々からんだテレビや通販サイトのおすすめではなく、地元民が本当に美味しいと思っている物、地元民に人気の物だけをオススメしたいと思います。

今日はそんな思いから、私がオススメしたい新潟の名物をご紹介させてもらいます!

一応申しあげますが、これが新潟県民の総意ではないですよ。あくまで新潟生まれ、新潟育ち、都会もかじってUターンして現在新潟市在住の僕と、その周りの老若男女の方々の意見でのご紹介です。

ということで行ってみましょう!

新潟のオススメのお土産

全国各地津々浦々、これぞというザ・お土産を持つ地域もたくさんありますが、新潟のお土産は今1つインパクトの大きい物がない。

でも、有名じゃない物の中にも、本当に美味しい、また食べたい、大切な人にあげたくなる様な物が存在します。

でも地味なんです。インスタ映えしそうな、若い人が喜びそうなオシャレなやつじゃない。

ではそんな新潟のおみやげをご紹介します。

笹団子

笹団子

しょっぱなからド定番、有名どころですみません。

新潟みやげの「ザ・王道」という感じですが、笹団子は誰もが認める新潟の名物と言えるでしょう。

名ばかりの名物・お土産が多い中、この笹団子は素晴らしい♪

味・見た目・お土産らしさのどれをとっても優秀な一品です。

色んなお店から販売されています。古くからやってる和菓子屋さんやお惣菜屋さんではだいたい売られてる印象。田中屋本店、丸屋本店など。

ちなみに「本店」というのは支店・本店の意味ではなく、「田中屋本店」「丸屋本店」が店名なんです。ややこしいですが。

どこで買っても正直そこまで大きな差はないと私は思っているのです。あくまで私の何となくですが、しいていえば田中屋本店で買うのが「新潟のおみやげ買って来たよ感」が一番ある気がします。有名どころという感じです。

他にも有名なお店はあるのですが、県外の方がザ・新潟のおみやげ感を手っ取り早く稼ごうというならここなのかな~と。

田中屋はネット通販もありますよ。というか、多くのお店がネット通販やってます。

笹団子は田中屋でなくとも色んなお店で売ってるのでどこでも買えます。

笹団子について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ぽっぽ焼き

焼きたてのぽっぽ焼き

これぞ新潟の名物、ソウルフードのぽっぽ焼き、私の大好物です。

お祭りや年末年始の神社などに出る屋台に出たのがぽっぽ焼きの始まり。昔は蒸気パンなどとも呼んでいました。

お祭りの縁日などで見かけたらほぼ必ず買います。

たまに大型スーパーセンターに移動車販売で売ってたりもします。

あとは古町エリアにあるぷらっと本町というアーケード商店街で売られていることがあります。

ただ、ぽっぽ焼きには1つ弱点があって、焼き立てのは日持ちしないんですよ。

そんな時におすすめしたいのが、あやめぽっぽです。

日持ちする真空パックがあり、通販もされています。病院の売店でも見たことがあります。

上のリンクはあやめぽっぽの直販サイトが開きます。

遠方の方への贈ることも出来るようになりました。ただ、その場で焼いてる物の方が味も食感も断然上です。ぜひ新潟に来て食べてみて欲しい。

あやめぽっぽの真空パックのおみやげ用を、買って食べてみた記事はこちらです。

以前はお祭りの時などの屋台でしか買えなかったので、県外の方に食べてもらう事が出来なかったんですよね。

実は大人になるまで、ポッポ焼きが新潟固有の物だと知らなくて・・・全国にある物だと思ってました。

これが新潟県、それも下越地方にしかないと聞いた時はビックリでした。

下越地方

新潟県を3つに分けたうちの北側部分。新潟市もここに含まれる。

あやめぽっぽの店舗についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

みかづきのイタリアン

みかづきの普通のイタリアン

これもはずせない、大人から子供まで広く愛されている新潟のソウルフードです。

おみやげっぽくないけど、みかづきのイタリアンは県外の人にもオススメしたい。テレビの「秘密のケンミンショー」でも取り上げられてました。

デパートや大型スーパーのフードコートなどにあるようなお店なのですが、これが地味~に美味いんです。

「すごく美味しい!」ではないんです。じわじわくる美味しさなんです。

何回食べても飽きないんですよね。1回食べても、2、3日後にまた食べたくなる。そういうやつです。

新潟の店舗で買ってそのまま持って帰ると日持ちしないので、みかづきの通販サイトに売ってる冷凍を買うのがオススメです。

加島屋の鮭茶漬け

加島屋の「さけ茶漬け」、まじで美味い。うますぎるんです。

「さけ茶漬け」と言っても、お茶漬けの素じゃないんですよ。鮭フレークです。

知る人ぞ知る、というか新潟市で超有名な老舗お惣菜屋さんです。お惣菜屋さんという呼び方が正しいのかわかりませんが、ここの鮭茶漬けは本当~に美味しいです。

使われている鮭の本物感と、少し濃いめに利かせた塩加減が絶妙。本当に美味いです。

ハッキリ言って値段は高いです。

小瓶(140g)で税抜1800円です。中々ですよね・・・。

スーパーに売ってる鮭フレークの5、6倍のお値段です(汗)。

それでも大人気なんですよ。

「その値段だしても食べたいと新潟市民に思われてるほど美味い!」

ということです。私も大好きです。

もう一つ、加島屋で私が個人的に紹介せずにはいられないのが、サーモンの切り身の味噌漬けです。

おにぎりの最高の具は、これを焼いた物だと本気思ってます。ぜひ食べてみて欲しいです。

お値段が気になりますよね。

一尾で税込648円です(汗)・・・高いですよね(汗)。

だから私も普段、自分で買うことはまずありません。

というか、加島屋の商品自体、自分用に買った事なんて数えるくらいしかないです。もしかしたら1度もないかも。

めったにないから自前の画像が準備できなくて・・・すみません。

おかず1個でこの値段出せないです。家族4人で食べたら鮭の切り身だけで2500円。無理ですね(汗)

誰かにお礼とか、お歳暮に贈ったりする時くらいです。逆にうちがいただいたり。贈り物に加島屋は喜ばれるんですよ。

自分の口に入るのなんて、数年に一度くらいです。

関東にも出店しているそうですし、近鉄百貨店で扱ってたり、楽天などの通販や、加島屋自体のネット販売もあるのでぜひ一度食べてみて欲しいです。

新潟民の間でも、お世話になった方へのお礼とか、お中元やお歳暮で選べば間違いない贈り物です。

新潟市の2大おみやげ売場、CoCoLo新潟、ふるさと村の両方にお店があります。

念吉のプラリネ

プラリネは色んなお店が出していますが、新潟で念吉といえば1つのブランド。

チェーン展開しているお店のようなハイカラさはない物の、念吉のプラリネと言ったら老若男女が知っている、もはやソウルフードのようなお菓子です。

チョコレートケーキの上にのってるアーモンドが、スライスじゃなくてクラッシュされた状態なのが念吉の特長。

新潟の少しご年配の方に贈るなら念吉のプラリネで間違いなし。

お店で1620円で売られてます。

念吉ではないですが、菜菓亭という新潟市で有名なチェーンのお菓子屋さんではもっと安く買えます。

ヤスダヨーグルト

ヤスダヨーグルトも有名です。

普通の飲むヨーグルトよりは高いですが、コクがあって美味しいです。

飲むヨーグルト好きには一度飲んでみて欲しいです。

ネット通販で買えますが1つ注意点があって、色んな販売店から出品されていて、お店によってビックリするほど値段が違います。

安いと900mlの容器1本あたりの価格が500円前後です。

高い所だとそれが1000円を上回ります。

Googleなどで「ヤスダヨーグルト」で検索すれば出てきますよ。

あんぼ

まるめ屋本舗の「あんぼ」です。

長野県のおやきに似てます。

でも生地の原料が違うんです。

おやきは小麦粉ですが、あんぼは米粉。そしてまるめ屋のあんぼは魚沼産コシヒカリが使われてます。

ネット通販で買えますよ。

もしくは、まるめ屋本舗の公式サイトでも注文出来ます。

大手饅頭

大手饅頭は、長岡市の名物的な酒饅頭で人気があります。

長岡市は地理的には新潟県の中央部の都市です。新幹線も停まるそれなりに大きい市です。

大手饅頭は紅屋重正というお店で売っています。

大手饅頭というと岡山のあんこが見えてるほど薄皮の饅頭が全国的には有名な様ですが、それとは違うものです。

個人的に好きでオススメします。

紅屋重正のサイトでネット通販しています。

このお店の三尺玉サブレーもいいですよ。

酒まんじゅうは全国的に似たような物があるので面白みがない?

という事であれば、こちらはいかがでしょう。

川西屋本店というお店の酒まんじゅうがありまして。

ほぼ同じ物で申し訳ないのですが、ちょっと逸話がありまして。

なんとこれ、かの山本五十六が食べたというから驚きです。長岡市は山本五十六の出身地なんですよね。

映画の「連合艦隊司令長官 山本五十六」で、役所広司演じる山本五十六が、これを水でふやかして砂糖をかけて食べるシーンがあるのだとかで。五十六本人がその様にして食べてたかはわかりませんが。

川西屋本店のサイトがネットショッピング対応しています。

竹徳かまぼこ

新潟の老舗かまぼこ屋さんの竹徳かまぼこです。

今は人が万代・新潟駅前エリアに流れてますが、古くからある新潟の繁華街の古町エリアに本社を構える会社です。

県内に7、8店舗あります。

海老しんじょうからおでん種など多種多用なかまぼこ、揚げ製品に、お惣菜まで売られています。

竹徳かまぼこの公式サイトでネット通販対応しています。

まとめ

以上、私が本当にオススメしたい新潟のお土産をまとめました。

ぽっぽ焼き、特におすすめします。全国の方々にこの素朴な味わいを知ってもらいたいです。

新潟の現地でしか食べられないB級グルメはもっとたくさんあるんですが、それはまたの機会にご紹介させて頂きますね♪