Warning: unlink(): No such file or directory in /home/kirinsophie/15lifestyle.com/public_html/wp-content/advanced-cache.php on line 91
新潟市でもはや知らない人はいない?ルーテシアでロールケーキを買ってみた【中央区近江3】 | 新潟ライフスタイル

新潟市でもはや知らない人はいない?ルーテシアでロールケーキを買ってみた【中央区近江3】

2018-08-27

ルーテシアは新潟市で超有名なお菓子屋さん

ルーテシアの正面外観を斜めから撮影

新潟市で一番有名で大きいケーキ屋さんであろうルーテシア。

パン屋さんでいうところのサフランという感じ。ケーキはルーテシア。

今気づいたけど、どちらも場所は女池。

すっごくオシャレな店構え。
外観も店内も高級感いっぱいでとてもキレイなお店。入口はこんな。
ルーテシアの正面入り口

ケーキ屋さんという言い方は違うのかな。お菓子屋さんか。Googleマップには「焼き菓子を中心にさまざまなスイーツを・・・」と表示されている。確かに焼き菓子のおいてる数が半端なく豊富。

ここで買ったケーキやお菓子を食べて紅茶なんて飲んだら自分のステージが上がったような感覚になりそ~♪

 

ルーテシアの場所

ルーテシアの場所は説明が難しい(汗)。

誰かに聞かれた時に説明するのががとても難しい場所、近江エリア。

お好み焼き本舗の交差点を入って来て、新幹線の手前で少し横に入ったところ、とか言うしかない(笑)。

一時停止地獄を受け入れて、新幹線沿いをひたすら走ってきてもたどり着けるけど、見逃す可能性あり。微妙に引っ込んでるし、グレーの外観が新潟の曇り空と同化している(汗)。場所知ってて目指してるのに通り過ぎることがある・・・。私だけ(笑)?

近くに誰もが知っている建物がないんですよ。わかりやすいランドマーク的な建物とは微妙に距離があるから説明しづらい。新潟県遊戯会館のそば、とか言われてもわかんないですよね(笑)。

初めて行く時はナビ頼りです。

 

ルーテシアのお味は

今回買ったのは幾つかあるんですが、何故かロールケーキ以外取り忘れた(汗)。

こんな感じで紙ナプキンと保冷剤を入れてくれてます。

ちなみにルーテシアとはラテン語でパリ周辺をLutetiaと呼んだのだそう。だから「フランス」とか「パリ」という意味なのかな。ルノーの車でもありますね。車から取っているのかな。

ルーテシアのロールケーキが箱に詰められた様子

お会計してから、包み終わって受け取りまでが結構待ちました。10分弱。特に待つとの説明も受けておらず。

そんなに混んでる様子もなく、手が空いてる様子の店員さん(何もしていず立っている)も複数名おられたので、どうも腑に落ちず。出来たらこういう時間がない方がありがたいです。

お味の方は、ちょっと私好みではないみたいです。ケーキしか食べたことないので、他のお菓子は全くわからないですが。

何度か行ってますが、数年前に配置が変わったみたい。ケーキだけではなく色んなお菓子があるイメージです。

 

ルーテシアのお店リサーチ

ルーテシアの駐車場から店内から、色んな部分のリサーチした情報を。

ルーテシアの駐車場

駐車場はお店の前に、お菓子屋さんとしては結構大きなスペースがあります。混んでいる時もありますが、そうそう停められない事はなさそうです。

 

店内の様子

入ってすぐのウェイティング椅子。
ルーテシアのウェイティング椅子

右に行くと別部屋でギフト注文コーナーのような場所。
ルーテシアのギフト注文部屋

大きなバームクーヘンのサンプルがありました。
ルーテシアの大きなバームクーヘンのサンプル

左奥にはイートインスペースが。通路のような狭いスペースでした。
ルーテシアのイートインスペース

その奥にも出入口らしきものがあり、外からみるとこんな感じ。
ルーテシアのイートインスペースの出入り口を外側から

 

ルーテシアお菓子の数々

ケーキたち。これ以外にもあったのですが、混雑してて撮れずです(汗)。
ルーテシアのケーキたちその1

ルーテシアのケーキたちその2

 

その他焼き菓子の数々

とにかく種類がすんごく豊富です。

ルーテシアの焼き菓子その1

ルーテシアの焼き菓子その2

 

ルーテシアの焼き菓子その4

ルーテシアの焼き菓子その5

ルーテシアの焼き菓子その6

ルーテシアの焼き菓子その7

 

ルーテシアの店舗情報

  • 営業時間:10:00~18:30
  • 定休日:不定。火曜が多い模様。ルーテシア公式サイトでご確認を
  • 住所:新潟市中央区上近江3-3-19
  • TEL:025-288-0007

 

個人的な感想

もうお店の外観からして物凄くオシャレで、高級感があるお店で、なんというかここに来ただけでエンターテインメント感あります。来るだけでもイベントみたいな。

ここのスイーツ食べてるというステータス感が味わえます。

このお店、プロデュース力は半端ないです。ハッキリ言って天才です。

新潟市では超有名なお店で、事実、ここのケーキ屋お菓子をプレゼントに持って行くと喜ばれます。私の感覚では、ことさらマダムたちにウケがいい気がします。マダムと言ってもほとんどが私の親戚のおばさんとかですけど。

お土産とか贈り物って選ぶの大変じゃないですか(汗)。自分より目上の人に対しては気を遣うし、センス舐められたくない(汗)。本当エネルギー使いますよね。

そういうときに、ここの持っていけばほぼほぼ間違いないんですよ。

スイーツならルーテシア、海産物なら加島屋、みたいな。

 

そのため、ことあるごとに長年に渡り年に2、3回おじゃまさせて頂いてます。

主に親戚の家におもたせで多数買っていきます。

ただ、どうも私の味覚とは合わないみたいです(汗)。

私の正直なイメージを言わせてもらうと、商売上手感が強いです。そういう意味で、私の中でサフランとイメージがかぶるんですよね。偶然場所も近いし。

私、あんまり大型店っぽい、あまりに大量の商品が並ぶケーキ屋さんとかパン屋さん、どうも好きじゃないみたいです(汗)。

あくまで私個人の感想ですよ。

 

スイーツに私が求めるのはひたすら味。美味しいと感じるかどうか。

箱のオシャレ感とかは二の次、ブランドイメージは三の次というより不要です。

たとえお店は小さくとも、オーナーがこだわって作ってるとか、お客さんに気持ちよく過ごして欲しい、小さな幸せを感じて欲しい、などなど、そういう想い的な部分に魅かれるんですよね。

もうけたいより、誰かに美味しさを届けたい。

ならばこちらもそういう気持ちに応えたい。

お金って、ただ対価として払い、できるだけ安く済んだら嬉しい、というだけの道具ではない気がするんです。じゃあ何かって、応援の意味でお支払いするというか。私ごときの口から出るべきセリフではないですが。

貧乏性の私ですが、そういう気持ちで支払う時はなぜか財布のヒモがゆるみます。ちょっとだけね(汗)。

そんなお店を色々探して楽しみたい。そんな中で良いと思ったお店を知人に紹介したい、そういう楽しみがあるんですよね。

 

何はともあれ、ルーテシアはすんごく流行っています。人気なのは間違いです。

他の業種のお店でも、私が全然好みでないのに大繁盛しているお店はありますから、私が味おんちなんですかね(笑)。そうでないことを祈ります・・・。