ワンパーク万代3の時間貸し料金や場所など特徴まとめ【中央区万代3】

2019-06-09

ワンパーク万代3の外観を斜め向かい側から見た様子

ワンパーク万代3は、万代シティから万代島(朱鷺メッセがあるエリア)方面に向かう途中にあるコインパーキングです。

立地はイマイチながらも、料金がとても安いのが特徴です。

駐車場の様子や、時間貸し料金、最大料金、詳しい位置など、現地に行って確認してきた情報をまとめます。

 

料金

ワンパーク万代3の料金看板
2019/6/7時点

時間貸し料金

オールタイム60分200円です。

30分100円なので非常に安い料金です。しかも土日祝だろうとこの金額。かなり安いと言えます。

最大料金

ワンパーク万代3の最大料金はとても魅力的です。

24時間600円の激安です。

これは万代シティエリアでほぼ最安値。

さらには、

  • 曜日・時間帯による変動なし。常にこの値段。
  • 繰り返し適用

という、もう言うことなしの設定です。

支払い方法

現金のみです。

 

詳細情報(台数・連絡先など)

台数 14台
住所 新潟市中央区万代3-5-4
緊急連絡先 0120-891-181

台数は残念ながらちょっと少なめの14台です。

 

ワンパーク万代3の場所

東港線(伊勢丹とビルボの間の道)を東区方面へ向かい、セブンイレブンがある交差点を左折してすぐ。

ワンパーク万代3の前からセブンイレブンの交差点方向を望む。
ワンパーク万代3の前からセブンイレブンの交差点方向を望む

写真の右側に移っているのは、お向かいの三井のリパークです。

信濃川方向を望む。
ワンパーク万代3から信濃川方向を望む

 

精算方法

ワンパーク万代3はロック板方式なので、先に精算機でお金を支払います。

ワンパーク万代3の精算方法の看板

  1. 車を停めた場所の番号を確認
  2. 精算機でその番号のボタンを押す
  3. 精算ボタンを押す
  4. 表示された金額を入れる
  5. ロック板が下がっていることを確認し、3分以内に出る

という流れです。

ロック板方式の駐車場はどこもだいたいこの手順です。

ロック板は車の下にあって、料金を精算しないうちは出られないように、起き上がっている鉄の板のことです。お金を払うとロック板が下り、車が出られるようになる、という仕組みです。

ロック板方式以外には、ゲート方式があります。踏切のように棒で出入り口がさえぎられていて、駐車場を入れてお金を支払うことで棒が上がるという仕組みの物です。

 

ワンパーク万代3のメリット・デメリット

メリット

  • 時間貸し料金が安い
  • 最大料金が安い

料金はとにかく安いです。新潟駅前・万代シティ合わせて一番とは言えないものの、ほぼ最安値です。

料金重視で万代シティへ10分、新潟駅前に15分歩いても良いなら、ならここに停めることをオススメします。

 

デメリット

  • 台数が少ない
  • 万代シティ、新潟駅前のどちらからも遠い

この駐車場の欠点は場所です。万代シティにいくにも結構歩くし、新潟駅には結構遠い。徒歩で15分くらいです。

 

ワンパーク万代3のまとめ

ワンパーク万代3はとにかく安い駐車場ということです。

欠点は立地。

万代シティからも近くないし、新潟駅へは結構通いです。

でも、どちらへも遠すぎて無理というほどではなく、10~15分歩けば行けるので、お金の面を重視するならオススメです。

雨の日とか猛暑の日とかは歩くのキツイですが、天気が良くて快適な休日なら、そのくらい歩いても苦ではないかもしれません。

 

他の駐車場まとめ記事

安いコインパーキングまとめ記事。

 

主な施設の提携駐車場まとめ記事。

 

くるまでふるまちって一体何なの?