新田清掃センター【西区笠木】いつでも大量のゴミが出せて超便利

2017-09-12

新田清掃センター好きな時に安く大量のゴミを出せる。引っ越しや家の大掃除に大助かり

新田清掃センターの外観

新田清掃センターに限らず、市の清掃センターはゴミがいつでも出せます。新田以外には以下があります。

  • 亀田清掃センター
  • 豊栄環境センター
  • 新津クリーンセンター
  • 白根環境事業所(白根グリーンタワー)
  • 鎧潟クリーンセンター

燃えるゴミ、燃えないごみ、粗大ごみでも出せます。

営業時間内は以下に限られます。

  • 月~金 8:30~12:15、13:00~16:00
  • 土 8:30~15:00

日曜日はお休みです。それでもこういう施設があるとないじゃ大違いです。

 

家の整理して大量の粗大ゴミが出たのに、次のゴミの日まで何週間も待つのは大変。ゴミに囲まれて生活するのイヤ!ってな時に超便利です。

 

やり方は簡単♪

車に積んで自分で持ち込んで置いてくるというシンプルな形式。

車のまま施設内に入り、所定の場所で自分でゴミを下ろし、車に乗って出る。

ゴミを下ろす時だけどうしても車から降りないとなりませんが、受付と会計はドライブスルー方式です。

こんな施設を知らないのはもったいない~。

ではシステムを簡単にご説明します。

 

新田清掃センターのシステム

流れ

  • 受付・会計はドライブスルー
  • ゴミ下ろし時のみ車から降りて自分でごみを降ろす
  • 受付時・会計時に車丸ごと計量され、重量の差で課金される

 

料金

  • ゴミ10kgごとに60円(事業系は130円)

 

詳細や注意事項

  • 指定ごみ袋の必要はなし。透明ビニール袋や箱などでOK
  • 家電リサイクル法に準拠する家電は出せない
  • タイヤは出せない
  • 産業廃棄物は不可

 

最初から最後まで、ほぼドライブスルー状態です。

途中ゴミを降ろす際に車から降り、自分でごみを出します。

この時にちょっと臭い思いをしますが、そこまできつくありません。

(以前はかなり臭いきつかったんですが、なぜか2、3年前から劇的に改善されました。不思議です。)

資源ごみやビン・缶、ペットボトルなども特定5品目も一応出せますが(各清掃センターにより異なる)、原則は地域のごみ回収(普通のゴミ捨て)に出す事になっています。

 

新田清掃センターへの道順

新通インターからならほぼまっすぐ一本。迷わずこれると思います。

 

なので、亀貝インターからの道順を♪

亀貝インターを海と反対の新幹線側に降りまっすぐ。

T字路(黒鳥の交差点)に突き当たるので右折

 

すると巨大なパイプみたいな施設が見えてきます。新田清掃センターまではここから5分くらい。このまましばらく真っすぐ進みます。

新田清掃センターへ向かう途中の巨大なパイプのある施設

左を見ると新田清掃センターが遠くに見えます。

田んぼ越しに遠くに見える新田清掃センター

新田というだけあって田んぼが多いこと!

 

もう2、3分進むと、これまたT字路があるので左折すると、あとはちょっと素敵な並木道。ひたすら真っすぐ行けば突き当りに新田清掃センターがあります。

新田清掃センターへの並木道

 

曇りとちょっぴり雨の日だったので写真が全体的に暗いです・・・。

 

到着!

新田清掃センターの敷地入り口前

 

上の写真の左の方に小さく見える高速道路の料金所みたいのがドライブスルー受付です。

ちなみに、古紙類は隣(上の写真でいうと向こう側に小さく見える2階建て位の建物)のアクアパーク新潟の駐車場の奥にある、物置小屋みたいなところに無料で出せます。

扉を開けて自分で入れてくるだけです。アクアパークはお風呂に温水プールなどもあって結構良い施設ですよ。新田清掃センターのゴミ焼却で発生する熱を有効利用しているそうです。年間パスもあります。

 

では、新田清掃センターを実際に利用する際の具体的な手順をご説明します。

 

清掃センターを利用する実際の具体的な手順

この通りにそのままやればOKのしつこいくらいのご説明をします。

 

受付をする

構内に入ると、受付の手前で一旦停止させられます。

立っている係りの人が誘導してくれます。先客がいれば順番になるまで待つように指示されたり。

係りの人が歩いてやってきて、用紙を渡されるので、以下の内容を記入します。

  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号
  • 捨てるものを簡単に

順番が来たら受付の窓口前まで進む様言われるので進み、受付の方にその用紙を渡します。その場所の地面が車ごと計れる計量台になっています。

車に乗ったままの状態で車ごと計量されます。

新田清掃センターの受付の計量メーター

帰りにまた計量して、その重さの差が出したゴミの重量となり、その重量に10kgあたり60円で課金されます。

 

カードを渡されるので、それをフロントガラスの手前に置いておきます。

新田清掃センターの受付カード

 

初めての方には順路の簡単な説明がされます。

清掃センターにあるのは『破砕』『焼却』の2つのゴミ捨て場だけです。亀田清掃センターにも行った事がありますが同じでした。

燃えないゴミまたは粗大ごみがあると、まず「破砕」へ行き、燃えるごみはその後に「焼却」へ行きます。

燃えないごみや粗大ゴミがなく、燃えるごみだけの場合は破砕は飛ばして最初から焼却へ行きます。

標識と路面の標示でルートが示されてるのでわかりやすいです。間違える心配はないでしょう。

 

新田清掃センターの道順の標識

新田清掃センターの道順の標識2

こういう標識がところどころにあります。路面にも表示が出ています。かなり親切設計でわかりやすい♪

 

破砕の建物の入り口です。

新田清掃センターの破砕場入り口

ここでは燃えないゴミと粗大ごみを出します。

 

そのまま車を進めて中に入ります。

係りの人が手招きや直接話しかけて指示してくれるのでそれに従います。

たいていは奥の方まで進むように指示されます。バックで車を停めます。そのように指示してくれます。

そしたら車を降りて、燃えないゴミと粗大ゴミを、車の後ろのゴミ置き場に自分で降ろします。たいていの場合少し手伝ってくれる事も多いです。

終わったら車に乗り、右前方にある出口へ向かいます。

新田清掃センターの破砕場の出口

 

出ます。

新田清掃センターの、破砕場の出口の接近図

前のトラックと同じように右折します。

右折するように標識が出ています。

新田清掃センターの破砕場を出た後の、右折の標識

 

案内に沿って進みます。

新田清掃センターの破砕場から焼却場までの道路

路面にある「計量」という表示は会計のことを意味してます。燃えるゴミがない場合はこのまま計量に行きますが、今回は燃えるゴミがあるので「焼却」へ向かいます。

 

一回カーブします。

新田清掃センターの破砕場から焼却場へ向かう道の途中のカーブ

 

さらに進みます。ここまで細かく説明いらないかもしれませんが、せっかく撮った写真だし一応載せます(笑)新田清掃センターのまもなく焼却場へつく道

何か見えて来ました。

 

焼却場の入り口です。

新田清掃センターの焼却場の入り口

 

入り口直前です。

新田清掃センターの焼却場入り口の真ん前

 

一旦停止して待つと扉が自動で開きます。

新田清掃センターの焼却場の入り口の扉が開き始めたところ

 

中に入ると、画像ではわかりづらいですが、遠くで係りの人が手招きしています。

新田清掃センターの焼却場に入ったところ

 

奥まで進みます。

新田清掃センターの焼却場の一番奥

例によって、右側にバックで停めます。

 

燃えるごみを全て降ろします。破砕の時と同じ要領です。

ここで、一旦カードを渡すよう言われる事があるので、言われたら渡します。

ゴミを下ろし終えるとまた渡されます。

 

ゴミを下ろし終えたら、正面にある出口の扉へ向かいます。

新田清掃センターの焼却場の出口前

 

停車して待つと自動ですぐ開きます。

新田清掃センターの焼却場の出口扉が開き始めたところ

 

出ます。右向きに出ます。

基本全部右向きに出る感じで、ほとんど道なりです。全体的に時計回りで道なりに進むだけなので、初めてでもそうそう迷う心配はありません。その都度矢印の標識や、路面に大きく標示があります。

最初から最後まで通して、迷う・間違えるなどの事は多分ないと思います。

 

 

あとは計量して会計です!

奥に見える、計量へ向かいます。受付の時と似た小さな建物です。

新田清掃センターの焼却場から計量場へ向かう道。

 

止まれのところで一旦停車。前の車が出るまで信号が赤になってます。

新田清掃センターの計量場が近くに見える

 

あとは計量に応じてお金を払います。

10kg単位で課金されますが、よっぽど重いものを出さない限り安いです。

どんなに多くのゴミを出してもそうそう500円とかは行きません。

結構たくさん出したつもりでも、いつも120~240円くらいです。

 

引っ越しで荷物の整理が必要とか、家を売却するとか、そういう時には普段のゴミでは出し切れないゴミや、大量の粗大ゴミが出ますので、清掃センターがなかったら大変ですよね。

持ち運ぶ手間はありますが、ゴミをためておかなくていいので気分的にすごく助かります♪

 

新田清掃センターに限らず、いくつか同じような施設があります。

新潟市のごみの自己搬入のページに詳しく載っています。

年末年始やお盆は激混みするので注意です。

ちょっとしたゴミはなるべく地域のゴミ回収を利用するようにと新潟市の公式サイトに記載されています。亀田清掃センターの渋滞の画像がありますが、半端ないです!

100台以上並び、1時間以上の待ち時間になることもあるとか(汗)。普段の平日などはほとんど待ちません。

 

新田清掃センターの施設情報

営業時間:8:30~12:15 13:00~16:00(土曜は13:00まで)
定休日:日祝
住所:新潟市西区笠木3644番地1
TEL:025-263-1416