新潟市初のラウンドアバウト【西蒲区角田浜】環状交差点を通ってみた感想

2017-09-13

角田浜交差点に新潟市初のラウンドアバウトが出来た

西蒲区角田浜のラウンドアバウトの接写

ついに新潟にもラウンドアバウトが出来ました!

県内では田上町に次いで2番目だったハズ。

環状交差点なんて今までに見た事もなかったから入る時はドキドキしましたよ、本当に。

 

交通量が少な目の交差点はラウンドアバウト化する事でメリットがあります。

まず信号機のない交差点なので、その設備費がかかりません。

また、災害時にも交差点としての機能も麻痺しないというメリットがあるそうです。信号機が元からないから災害で故障しようがないですからね。

そして無駄に信号を待ったりする必要がないので、余計な待ち時間が減ります。

という事だそう。ふむふむ。

 

では、まだ親しみの薄いラウンドアバウトですが、どんなものかを簡単にご説明しましょう!

 

ラウンドアバウトの特徴とルールを簡単に

  • 環状交差点で、信号機がない。
  • 時計回りに走る
  • 必ず徐行で入り、交差点内を回ってる時も徐行
  • 左折で入り、左折で出る。ウインカーもちゃんと点灯させる
  • 交差点内の車が優先。入ろうとしている車が後回し

これだけです。

意識して覚えておくことは、「全て左折で、時計回り」

時計回りだから右に入るんだな、と勘違いしないように!

ラウンドアバウトは入る時も出る時も左折のみ。

左折しかないと覚えておきましょう。

 

 

西蒲区角田浜のラウンドアバウトの中央にある、祝新潟市初ラウンドアバウトとかかれた帯

新潟市初のラウンドアバウトを祝っています。

初めて見たときは、いい歳こいて心が小躍りしました♪

 

俯瞰したyoutube動画。再生すると音楽が流れます。

以前はこういう形でした。

西蒲区角田浜のラウンドアバウトの以前の状態の空撮
出典:環状交差点(ラウンドアバウト)の整備|新潟市公式サイト

 

不安になったら看板を見ればOK。

自転車も車と同じ、時計回り。

西蒲区角田浜のラウンドアバウト交差点内車両優先の看板

 

 

「ゆずれ」という道路標示は初めて見ました。

ちょっとコミカル(笑)

西蒲区角田浜のラウンドアバウトの「ゆずれ」という道路標示

 

最後に、

「全て左折で、時計回り」

これだけ覚えておけば、突然ラウンドアバウトに遭遇しても大丈夫でしょう!

 

 

角田浜交差点のラウンドアバウトの情報

住所:新潟県新潟市西蒲区角田浜
開始:平成28年3月31~