川が立体交差している?!新川・西川が交わる不思議な場所【西区槇尾】

2017-10-02

新川と西川の2つの川の珍しい立体交差

西区の槙尾辺りに、世にも珍しい川の立体交差があるのをご存知でしょうか。

場所は西大通をバイパス方面に向かう、ことぶき寿司内野店がある槙尾の交差点を過ぎた右手らへん。

地図を大きく横断しているのが新川。

その新川の真ん中らへんと縦に交差している細いのが西川です。

 

よっぽど珍しいのでしょう、ネプチューンの番組、ナニコレ珍百景にも登場した事があります。

 

いざ新川と西川の立体交差を目指す

新潟方面から来るには、西大通り(数年前までは116と呼ばれていた、市役所や新潟商業高校などがある通り)を西区方面にずっと行く。

そして新大入口の交差点も過ぎて旧116との交差も過ぎて、更に行ってバイパスに突き当たる少し手前くらい。

 

ことぶき寿司がある槙尾の交差点。

西大通りの槙尾の交差点にあることぶき寿司内野店

この風景から90度右に向くと、

西大通りの槙尾の交差点

 

こんな感じ。

この交差点の右斜め前方に、今回の立体交差が。

 

車ではいけないので徒歩で向かいます。

 

まず、「しんにしかわばし」という西川にかかる橋から西川を見ます。多分見てる方向としては内野の方。

「しんにしかわばし」から西川を新潟方面に向いて眺めた図

この様に西川が新潟方面から流れて来て、

新川方面を見るとこんな感じ。「しんにしかわばし」から新川方面を望む

もっと近づきます。これは方向は曽和方面。

 

立体交差が見えてきた!これか!

新川にさらに近づいた西川の図

 

じゃーん!

西川と新川の立体交差に到着

川が川を横切ってる!

 

新川と西川の立体交差を斜め横から眺めた図

これが新川と西川の立体交差!

西川を動画で撮っておきました。それなりの流れがあります。

ここを通った事は多分あるけど、よく川にかかってる水道管みたいなやつかと思ってたら、まさかの西川だったとは。

新潟県で私が知っているのはここだけですが、こういう所って、他にもあるんですかね。

 

 

これだけで終わらない、新川には謎の遺跡が

新川にかかる橋をバイパスへ向かって渡り終えてすぐ右を向く!

すると中洲のような物がありそこに人工的な小屋が見える。

そしてそこに向けて小橋がかかっており、更に対岸へ渡れそうだ。

 

行くしかあるまい。

新川の中洲へ向かう小橋

 

ちょっと入るべきじゃない雰囲気あるけど・・・

多分ジョギングの人とか通ってるだろう。と自分に言い聞かせて進む。

 

 

謎の施設の横を通過。まさかトイレじゃないでしょう。

中洲から対岸へ向かう橋

 

水門のわきの橋を渡る。

中洲から対岸へ向かう橋のすぐ手前

 

竹林みたいなとこに出た!

新川を渡り終えたとこの林道

 

左を向くと・・・一応遊歩道なのか。

林道から左を見た図

虫が多そうでイヤ。

 

右を見ると、

林道から右を見た図

ん、何かが見える。

こっちへ行こう!

 

なんとも言い難い場所・・・

新川暗こうに到着

やぐらみたいのもあるし、看板出てる。

そして一応ベンチがある。なんだここは!?

 

新川暗こうの近影。レンガのようなものが転がっており、何やら看板が立っている

 

これで博物館!?

どういう事(笑)

新川普請まるごと博物館という木で出来た大きな枠組みが建っている

 

新川あんこうと読むらしいです。

新川暗こう」と一文字ずつかかれた石板みたいな物。少し物々しい雰囲気。

昔の字と風雨でただれた感じが少し怖さを醸し出してる。夜は来れない。

まだ日本が右から左に読んでいた頃に作られたんでしょう。

 

 

どうも発掘を行ったらしく、その時の写真が貼られてます。

新川暗こうに立っている看板

看板は全部で3つほどあったので、ご興味ある方は足を運んでみてくだされ。

とまあ以上、私が新川・西川立体交差を探検に行った時のレポートでした。

 

ところで、そもそも気になる事がありません?

 

新川と西川の立体交差はなぜ生まれたのか

調べてみたら、新川はもともとは存在しなかったのだそうです。

新川が出来る前は、大潟、田潟、鎧潟の水は、西川と信濃川に流れるのみだったがそれでは間に合わず、水害が多かったのだそう。

そこで新川を作る事になり、人口で掘削して作ったと。

だが、海に向かうとどうしても西川が道をふさぐ。

だから西川と立体交差するしかなかった。

という事でこの新川と西川の立体交差が生まれたわけですね。なるほど~。

 

良かったらご自分の目で行って確かめてみてください。夜はかなり雰囲気出そうなのでオススメしないですよ(笑)。