栃尾の観光の目玉パワースポットほだれ大神で力をもらう【長岡市来伝】

2018-07-03

ほだれ大神は栃尾観光のまさに珍名所

ほだれ大神てご存知ですか?!

栃尾と言えば油揚げ!というのがまっさきに浮かびますが、こんな面白い観光名所があったなんて。もっと広まってもいいのに。

テレビでこういうのよく見ますよね。

毎年3月の第2日曜に「ほだれ祭」なる、これをメインにした祭りまで行われているのだそう。まじか・・・。しかも初嫁を乗せて担ぐというから驚きです。

祭りの後のお嫁さんとお姑さんはどんな会話をしたらいいのさ・・・。気まずいったらありゃしない(汗)。

周りの人は面白いからいいだろうけどさ。乗らされた人はありがたいんだか迷惑なんだかわかりませんよ(汗)。

大きな声じゃ言えないけど、大きなあれを祀ってある、ほだれ大神大先生。

ほだれ大神謹彫所

わりとリアリティがるのでモザイクかけようか迷ったけど、むしろ官能的になる可能性もあるので自粛。

近くの栃堀の静御前の墓は、義経と生き別れてあとを追う静御前が途中で病に倒れたという悲哀の伝説である一方、話のネタになりそうな「ほだれ大神」。

真逆の雰囲気を持つこの2つのパワースポット。

お願いだから関連があってくれるなと心の奥で願いつつも言葉には出さず。

余談ですが、全国にコレを祀ってある所はなぜか多いですよね~。何でですかね~。

山のクネクネ道を走って、こんな景色になって来たらほだれの兄貴にもうすぐ会えます。

ほだれ大神近くの山道
ほだれ大神の全体図

到着!

ほだれ大神の正面からの図

いざほだれ大神を間近で見ようと接近してみます。

ほだれ大神の近影

目の前まで近づくと、奥にうっすらあのシルエットが見えます。

いざご対面!

と思ったけど、さすがに扉を開けるのはやめておこう。

封印がとけて動き出したりしたら大変だ!歴史に残る大珍事になりかねない。大珍事に!

ほだれ大神を極限まで近づいて撮影した図

とりあえず顔を近づけて覗いてみる。

うむ、間違いない、あのお方の姿がそこにおわす。そこにいるのは他でもない、ほだれの兄貴だ。

とりあえず拝む。

形だけで、特に音や香りはない様子。まああったら大変だけど。

ほだれ大神の周りの小さなほだれ神様

そばには色んなサイズのあれをかたどった石造があります。まるでエリンギのようです。ほだれ小神とでも言うべきか。

下来伝の大杉

ちなみにこの後ろにある木、下来伝の大杉というそうです。こっちの方がパワースポットっぽい。

下来伝の大杉の周りにある小さなほだれ神様

その周りに生えているかのようなほだれ小神。まるで下来伝の大杉の周りに生えた松茸のごとく。

ほだれ大神のそばにあるこけしのような石造たち

そしてコケシなのかほだれ様なのかよくわからない多数の石造もあります。シメジっぽい。

調べたところ、双体道祖神というらしい。しかし中には双体じゃなく三体の物もあるし、一体のものもある。

黒光りしたほだれ様も。かなり輝いていて立派です。

ほだれ大神のそばの黒光りしたほだれ様

あまりにツヤツヤで、鏡のように自分の顔が映るかな~とかやってたら、いつの間にか顔を近づけ過ぎていたので慌てて離す。

ほだれ大神のそばの黒光りしたほだれ様の上からのアップ

黒光りのほだれ様を上から見てみる。うーむ、仕事が細かい。

ほだれ大神のそばの黒光りしたほだれ様に手を触れる

どうか私にも力をお授けください。

ほだれ大神にあった石碑

あとは何かの石碑。

これは静御前の墓ではありません。静御前の墓までは車で6分くらいです。

ほだれ大神のすぐそばのコンクリートの廃墟

謎の建造物の跡。

このエリアには他にもこれと似た物がありました。これ何なんでしょうね。

以上がほだれ大神の様子です。

ほだれ大神の周囲の様子

ほだれ大神近くのキレイな段々畑

近くにある段々畑があんまりキレイなので思わすパシャリ。

写真じゃイマイチ伝わらないですね。

ほだれ大神近くで薄紫色に咲いているあやめ

あやめがキレイに咲いてました。これも実際はもっとキレイ。

合格街道なんていう名前がついてるんですね。ここを走ると試験に合格する的な?

越後栃尾菅原神社合格街道とかいた立て札

上来伝との記載が。ほだれ様のところには「下来伝の大杉」ってなってたな。

ほだれ大神近くのクマ出没注意という看板

クマ出没注意って怖すぎなんですけど。

お願いだから出ないでください。せめてオープンカーで行くのはやめときましょう。

ほだれ大神の詳細情報

  • 駐車場:なし
  • 住所:新潟県長岡市来伝1020
  • 問い合わせ:長岡市栃尾支所商工観光課(ほだれ大神祭)
  • TEL: 0258-52-5827