静御前の墓が新潟に?!義経の後を追って病に倒れて亡くなったのだそう【新潟県長岡市栃堀】

2018-07-06

義経の後を追う途中栃尾で倒れた静御前の墓をたずねて

大河ドラマ「義経」にはまって、毎回番組の最後に出る義経紀行にある場所にいつかすべて行ってやろうと思っている私。義経紀行では紹介されていなかったかもしれないが、なんと静御前が新潟県の栃尾で倒れて命を落としたという情報が!?しかも墓まであるとの事!

まさか県内にそんな場所があるなんて、これは行くしかない!

新潟県に義経ゆかりの場所があるとは思ってなかったけど、実は他にも存在する。燕市国上にある国上寺がそう。国上山(くがみやま)という山にある国上寺(こくじょうじ)。山と寺で読み方が変わる不思議な地名です。そしてもう一つ、羽黒神社もそう。義経の家来だった佐藤兄弟の母が尼となって建立したという伝説があります。

ちなみに、静御前の墓は全国に数か所存在します。埼玉県久喜市、兵庫県淡路市、山口県山口市など。

 

静御前の墓の場所

静御前の墓の場所を調べると、栃尾エリアとの事。新潟市から栃尾は決して近くはない。せっかくだから栃尾の油揚げもついでに食べて来よう♪

10年ほど前に行った栃尾。栃尾の油揚げを本場で食べたいと思って行き、数軒回ったもののその時はハズレばかり引いたのか、やる気もあまりない感じも悪いお店ばかりで(笑)

という事で栃尾の油揚げについても調べると・・・松兵衛というお店が断然良さそう!新しいお店みたいだし、webで見た限りでもやる気を感じます♪
せっかく栃尾なので、油揚げだけでなく他の観光スポットも知らべ、今回のコースはほだれ大神、羽黒神社、道の駅R290とちお、とちパル、というコースに決定!

まあそれは置いといて、静御前の墓の場所。

静御前の墓は山道の中にあります。

周囲の景色の区別がつきづらい山道で、そんな中にあり目立った外観もなくこじんまりと存在する静御前の墓はなかなかわかりづらいです。ナビを使わないとたどり着くのは難しいかも。

静御前の墓の周りの山道。景色が似ておりわかりづらい

 

ナビをたよりに探していると、静御前の墓の方向を示す立て看板が。
静御前の墓近くにある立て看板。

ここから近いと思わるので、とりあえず札が示す方向に進みます。

静御前の墓はこちらと木札が示す方向に進む道路

 

ありました、静御前の墓!
静御前の墓の正面を道路から見た図

 

道路を走っていてパッとわかりやすく存在している訳ではないので、この「静御前の墓」という木札を目印の1つにすると良いかもしれません。

静御前の墓の前の木札

これも小さく道路の端に立っているだけなのでイマイチわかりづらいですが。

 

ハッキリした駐車場はないのですが、車を停めるスペースのような場所があります。ここに車を停めました。

静御前の墓の前にある自然の駐車場のような場所

 

このすぐ横に謎の建物がありました。
静御前の墓の横の謎の建物

 

コンクリートの道のようになっている所を進むと静御前の石碑のような物があります。
静御前の墓にある静御前の彫刻

アップ。
静御前の彫刻のアップ

 

その右の方に墓と思わしき物があります。
静御前の墓と、その両脇の塔婆のような物

お花やお水が備えられています。お近くの方が行っているのか、まだ新しいです。

 

義経が平泉に向かうという噂を聞き、その後を追い平泉を目指す途中、この栃堀で病に倒れ、そのまま亡くなってしまったとの事です。

静御前の墓の説明書き看板

 

18歳の若さでこの世を去った、福王寺セイという娘が静御前の墓を建て直そうとしたという話がかかれています。

静御前の墓の供養塔の説明書きの看板

静御前の墓の話も、福王寺セイという若い娘の話も切ないですね。

 

静御前の墓は長岡市のみならず、全国に複数存在します。

お墓はふつうは一か所にしかないハズなのに、新潟県長岡市栃堀と、埼玉県久喜市栗橋にあったり。福岡県福津市にもあったり。

埼玉県久喜市の方が正直立派です(汗)。久喜市が指定しちゃってますし、管理者が静御前遺跡保存会となっていて、明らかにそれっぽさが出てます。

ただ、栃尾には静御前の墓の他にも、羽黒神社という、兄弟で義経に仕えた佐藤継信・忠信兄弟をしのんで、二人の母親である乙和御膳が建立したと言われる羽黒神社もあるんですよね。

それを考慮すると、この地に静御前の墓があるのも信ぴょう性を増す気もします。

 

1つ不思議だったのは、那須与一の城跡という立て看板があった事です。
静御前の墓のそばにある、那須与一の城跡という立て看板

右の方向を矢印がさしているようですが、この近くに城跡があったのか。

 

静御前の墓の個人的な感想

整備された観光地ではない所です。自然の中にたたずむパワースポットのような感じがしました。周りの雰囲気とあいまって、少し幽玄な雰囲気を感じてしまいます。昼間に二人で行きましたが、もし一人だったらちょっと怖いかな(汗)。

山道で坂道が多いので、車高の低い車は気を付けた方が良いかもしれません。現地に着くまでは舗装された道路ですが、現地そのものは土なので、サンダルやハイヒールでは近づきにくいので注意が必要です。

近くに「ほだれ大神」という、風変りなパワースポット(笑)があるので、一緒に回る事をオススメします。

 

静御前の墓の情報

駐車場:一応停めるスペースらしき場所は有り

住所:新潟県長岡市栃堀