あおり運転の罰則が改正されて一発で免許取り消しに

2020年6月30日から、改正道路交通法が施行されるのをご存知でしょうか。

あおり運転関連の痛ましいニュースが一定期間内に幾つも放送され、お茶の間をにぎわしたのは記憶に新しいです。

その時にしきりに話題にのぼっていたのが、「現在の道路交通法では、あおり運転を明確に処罰する法律が不十分」ということでした。

今までは、あおり運転そのものを規定する法律がなかったんです。

それを受けてのことだと思われますが、道路交通法があおり運転を盛り込んだものに変わるようです。

そうかそうかと、よくよく調べてみたら、中々の厳しい内容でビックリしました。

ということで、改正道交法について備忘録的にまとめておきたいと思います。

新しい改正道路交通法の内容

まずは改正された道路交通法はどんなものなのか。その内容を確認しておきましょう。

概要はこんな感じ。

  • 妨害運転罪を新たに創設
  • あおり運転をすれば即免許取り消し
  • 最長5年の懲役

何があおり運転に該当するの?

  • 通行区分違反(対向車が車線をはみ出す)
  • 急ブレーキ禁止違反
  • 車間距離不保持
  • 進路変更禁止違反(急な進路変更など)
  • 追い越し違反
  • 減光等義務違反(パッシング)
  • 警音器使用制限違反(不要なクラクション)
  • 安全運転義務違反(幅寄せ・蛇行など)
  • 最低速度違反(高速道路で最低速度未満で走る)
  • 高速自動車国道等駐停車違反

10項目って多くて気を付けるのも一苦労だな~と思ったかもしれませんが、9個は当たり前のことなので、普段からまともな運転をしていれば問題なし。

気になるのは車間距離保持。

道の流れが悪く、気づいたら縮めてしまっていたとか、

保っていたのに他車が前に入って来て近くなった、

などがあるかもしれません。

常に車間距離に注意を払うクセを付けたいものです。

「他車を妨害する目的で」となっていますが、どれもやった時点で妨害や迷惑になっているので、通報されたり警察の目に触れるなどすれば言い逃れは難しそう。

厳しく判定されるとの話もテレビで観たので、自分が加害者にならないためには、十分すぎるくらい気を付けていた方が良さそうです。

車間距離保持って何メートル開ければいいの?

車間距離は何mまで詰め寄ったらあおり運転に該当するのか知りたいですよね。

どうも、道路交通法では車間距離について明確に何mと決まってはおらず、第26条で以下のような文言で記載されています。

車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

e-Gov 道路交通法

パッと見て近いと思うような車間距離ではダメなのはわかりますが、何mなのか等、基準を示すものが全くありません。

ある程度の具体的な基準が欲しいですよね。

そこで、助けとなるのが、速度による停止距離を数値化した資料です。

ちょうど新潟県警察の資料が、若者の場合と高齢者の場合と記載されている有益な資料でした。

表にしたものがこちら。

速度(km/h)停止距離(高齢者)停止距離(若者)
103.6m2.7m
208.1m6.4m
3014.0m11.3m
4020.9m17.3m
5029.0m24.5m
6038.0m32.7m
7048.4m42.4m
8059.8m52.7m
9072.4m64.4m
10085.9m77.0m

何キロの速度が出ていたら停止するまでにこれだけの移動距離が必要ですよ、という目安です。

つまり、このくらいの車間距離を取っていれば大丈夫だろうという1つの基準にできそうです。

車間距離については、ヘリコプターで上空から違反している車を見つけ、地上のパトカーに指示を送るという取締り方法も始まっているのだそう。

また、車間距離不保持で事故を起こした場合、過失割合も10:0になるそうです。

車間距離を保持しないことによるデメリットは、めちゃくちゃ大きいということです。

あおり運転の罰則

あおり運転の罰則について、特に危険な場合と見なされるとより重い罰則が科せられます。

妨害する目的で危険が生じると予測させる行為をした場合

  • 3年以下の懲役、または50万円以下の罰金
  • 減点:25点
  • 欠格期間:2年

高速道路での著しい危険を生じさせた場合

  • 5年以下の懲役、または100万円以下の罰金
  • 減点:35点
  • 欠格期間:3年

高速道路で停車させるなどが該当。よりひどいケースがこちらということ。

いずれにせよ、免取の累積点数は15点。つまり、

一発免許取り消し

ということです。

以前は車間距離を詰めただけでは、反則金さえ支払えば刑事責任を問われることはなかったのが、問われることになったんです。

この意味はつまり、過度に車間距離を詰めて走っていると、刑事責任を問われるかもしれないという事です。刑事責任なので心からやばいです。人生が詰みます。

「でもこういうのって、よっぽどの場合でしょ」と思うかもしれません。

これについては、テレビに公安の方が出て話していた内容が印象的でした。

「後ろから車間を詰めて走る、急ブレーキをかけておどかすなどすればもう免許取り消しです」

なんだかんだ大丈夫、みたいな感じでは無いという事ですね。

「知らなかった」で済まないのが法律。

6/30になったら適用されます。忘れずにおきましょう。

とはいえ、普段から気を付けて守って来た方には何の問題もないですよね。一応、改正された内容を確認して今まで通り気を付けていれば大丈夫。

ちょっと足りない部分があった場合は、改めるいい機会かもしれません。

あおり運転をされたときは

  1. 駐車場やパーキングエリアなど、できるだけ人が多い場所に避難
  2. ドアはしっかりロック・窓は閉める
  3. すぐ110番通報

これがあおり運転にあったときにすべき事だそうです。

もし同乗者がいるなら、駐車場やPA・SAに避難しながらも110番通報してもらいましょう。

自分があおり運転の加害者にならないために

運転中にイラ立ち・怒りを覚えるなどがあったなら、

  • とにかく一旦思いとどまり
  • 一度大きく深呼吸
  • 気持ちを落ち着かせる

このようにしましょう。これは政府広報で説明されてたことです。

深呼吸は結構大事な気がします。「ハァ~・・・」と息を吐く単純な動作を行うだけで、力が抜けて、苛立っていた気持ちが少し楽になる気がするんですよね。

加害者の疑いをかけられないために

個人的にはこの部分かなり重要だと思っています。

  • どのように改正されたか
  • 何を気を付ければ良いか

というのはすぐわかることです。

今回の道路交通法改正について思う、この記事の裏テーマがこれから話すことです。

改正道交法が施行されると、些細なことでこちらが疑いをかけられる事も出てくるかもしれません。その相手が警察なのか、他のドライバーなのかは、その時になってみないとわかりませんが、どちらもあり得ることです。

車間距離など詰めていない

危険な車線変更などしていない

と幾らこちらが主張しても、相手ドライバーが「そっちが危険運転をしていたのだろう」と言って来たら。

真実はこちらの言うことが正しかったとしても、どんなに言い返したところで水掛け論にしかなりません。対抗する術としては心細い。

ドライブレコーダーがあなたを守る

結局のところ、助けとなるのはドライブレコーダーのみです。

こちらの車のドライブレコーダーが身を守ってくれます。

自身が被害者の場合であっても、加害者としてあらぬ疑いをかけられた場合でも、結局のところ、自分を守ってくれる強力なツールは、

ドライブレコーダーをおいて他にはない

ということです。

ドライブレコーダーについては、近日中に別途詳しく解説します。

まとめ

改正道路交通法について解説しました。

2020年6月30日に施行されます。

妨害運転(あおり運転)に対する罪が創設されたのでしたね。

あおり運転に該当するのは以下の10項目。

  • 通行区分違反(対向車が車線をはみ出す)
  • 急ブレーキ禁止違反
  • 車間距離不保持
  • 進路変更禁止違反(急な進路変更など)
  • 追い越し違反
  • 減光等義務違反(パッシング)
  • 警音器使用制限違反(不要なクラクション)
  • 安全運転義務違反(幅寄せ・蛇行など)
  • 最低速度違反(高速道路で最低速度未満で走る)
  • 高速自動車国道等駐停車違反

違反すれば、一発免取。

最長で5年、最大100万円の罰金が科せられるというものでした。

もしも、あおり運転をされる側になったら、

  1. 駐車場やパーキングエリアなど、できるだけ人が多い場所に避難
  2. ドアはしっかりロック
  3. すぐ110番通報

が行うべき流れでした。

加害者にならないように十分注意したうえで、あおり運転をされたときの対処も気を払っておこうと思います。あとは証拠取りのためにドライブレコーダーの設置も大事ですね。

僕はドライブレコーダーは設置しました。あとは車間距離だけは常に十分保つように注意したいと思います。

参考資料

政府インターネットテレビ

警察庁

新潟県警察